注目キーワード

転職で給与1000万円の壁は超えるのかを調査

年収1000万円の仕事と聞くと皆さんはどんな仕事を想像しますか。
医師、弁護士、パイロットなどの専門職を思い浮かべる方も少なくないかと思います。

このような専門職の平均年収は高く、異業種や異職種からの転職は非常に難しいのが現実。
そして一般企業の中でも1000万円クラスの人材は役職者というイメージが強いかと思いますが、実際にはどうなのか気になるところ。

そこで今回は、「会社が1000万円出しても欲しいと思う人材へのオファーデータ」を基に、業種や職種、役職の関係性を見ていきたいと思います。

1000万円以上のオファーを受けている業種

年収1000万円の可能性

こちらのデータは、係長・リーダー、課長・マネージャーといった役職がついている方がオファーを受けた数値を表したグラフです。
部長や役員クラスでのオファーがそもそも少ないため、1000万円を超えるオファーはメーカーやコンサルティングファームのみで見受けられます。
意外にも係長・リーダークラスや課長・マネージャークラスの職位でもあらゆる業態で1000万円を超えるオファーを受け取っていることが見て取れます。

専門広告代理店(インターネット広告)、建設コンサルタント、メーカー(精密機器)、SI、コンサルティング(人事系)業界では、マネージャークラスに対する1000万越えオファーが多く見受けられますが、もしみなさんがこの業界に属している場合は、課長・マネージャークラスになることで更なる年収のアップを目指すことができるかもしれませんね。

また、役職なし〜リーダークラスでも1000万越えオファーを受け取れるのが人材サービス(紹介/派遣/広告)、証券会社、メーカー(医療機器)、ソフトウェアベンダ、コンサルティング(総合系)、CRO、Webサービス/Webメディアとなっており、こういった業態は比較的に若い頃年次でも給与レンジが高いと言えます。
職種によっても異なりますが、これらの業界は人材のヘッドカウントが利益に直結するので、他業態に比べて提示される給与が高い傾向があるのではと考えられます。

そして更に、転職先の企業で役職者にならずとも1000万円以上のオファーを受けることができる業種があります。
今度は、その業種を見ていきます。

役職無し限定:1000万円以上のオファーを受けている業種

役職無しで1000万円

メンバークラスの従業員に対し、1000万円を超えるオファーがこれだけの業種で発生しています。
企業側がオファーを送る場合にはスキルシートなどしっかり目を通すため、できる限りのアピールをしていくことが大切ですね。
自分はどんな経験があって、どんなことができるのかを適切に記載することで、1000万円オファーのチャンスをつかめるかもしれません。

それでは、今度は職種毎のオファー状況を見てみます。

年収1000万円になるために!職種と役職関係性

年収1000万円を目指す職種

各職種に対してどれくらいの役職・職位があれば1000万円を超える転職が実現可能なのか、実際のデータをもとに見てみましょう。。

業種別同様に目立つのは、メンバークラスで(役職がついていなくとも)1000万円を超えるオファーがもらえる職種が多数ありますね。
企業が1000万円を超えるオファーを出すということは、企業は当然経験やスキルを見て、熟考して連絡をしています。
そのためスキルシートなどは細かく記載されていた方が、人事側としてもオファーは出しやすくなります。
ミイダスに関わらず、まずは第一歩を踏み出す為に自分の経験やスキルを職歴書に細かく書く、スキルを詳細にサイトへ入力していきましょう。

>あなたの市場価値を見いだす転職サービス

あなたの市場価値を見いだす転職サービス

転職アプリのミイダスは職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断。
適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サイトです。