注目キーワード

英語のスキルと給料の関係を調査

年収を上げるために自分のスキルを高める方法は様々ありますが、「英語力」と給料の関係性はどうなっているのでしょうか。
会社側から見れば英語力はあるに越したことはないですが、実際にどういった職種でこのスキルが活かせているのかは業種によっても異なるものです。

そこで今回は、誰もが通るスキルの中でも身近な「英語力」にフォーカスし、年収や職種との関係性、そして活かせる業種の割合などを、データを見ながら考えていきたいと思います。

英語レベル毎の求職者の割合

英語レベル毎の求職者割合

まずは、求職者全体に対して、英語のスキルがある人の割合です。

日常会話レベル以上のスキルを持つ人は、全体の約36%となっており決して多くはありません。
英語のヒアリングスキルだけでなく、会話レベルとなるとハードルは高くなりがちですが、実際に給料に反映されるのであればしっかり身に付けていきたいところです。

それでは、英語のスキルを持っている人、持っていない人ではどれほど年収に差が出てくるのかを見ていきます。

英語力と年収の関係性

英語力と年収の関係性

誰もが目指していきたい年収800万円以上の高額年収層を見てみると、やはり英語レベルの高い方が多い傾向になっています。
一方で、日常会話未満の方は全体的に年収が低い傾向にあるということも見て取れます。

もちろん職種や業種によっても年収の違いが出てきますが、高額年収を目指すのであれば、ご自身の英語力を身に付けるというのも一つの方法かもしれません。

そこで、年収アップのために英語力をつけた場合、どういった職種や業種で活かす場面があるのでしょうか。
こちらについても各職種、業種毎にデータをまとめてみました。

英語力がある人の職種とは

英語のスキルレベル毎にどういった職種が多いのかを、ランキング形式で見ていきます。

<日常会話レベルの方が多い職種ランキング>
日常会話レベルの英語力と職種の関係

<ビジネス会話レベルの方が多い職種ランキング>
ビジネス会話レベルの英語力と職種の関係

<ネイティブレベルの方が多い職種ランキング>
ネイティブレベルの英語力と職種の関係

「日常会話レベル」が多い職種の特徴としては、エンジニア関係や医療関係、その他マーケティングや広報など、専門分野に特化するというわけではなく、幅広い職種がランクインしています。
更にスキルが上がった場合やネイティブレベルになると、通訳はもちろんのこと外資系の企業や海外とのコミュニケーションが必要な職種が入ってきいるのがわかります。

英語力が上がったからといって必ずしも年収が比例するわけではなく、そのスキルを活かす場面があることが重要であるということです。
人事側もそのスキルを活かせる能力があるかどうかを見ていますので、転職時や面接時ではしっかりとアピールすることをおすすめいたします。

そして今度は業種毎に見た場合です。

業種と英語力の関係性

英語力と業種の関係性

どの業種に、どれほど英語力のある人がいるのかを出してみました。

日常会話レベル以上の方が最も多いのが、コンサルティング/リサーチとなっています。
その他、職種毎のデータでも多かった金融系が上位に入っており、それ以外でもメーカー系、専門商社、監査法人や税理士法人などの専門事務所も多い傾向が出ています。
これらを見てみると、国内だけではなくグローバルでコミュニケーションをとる機会の多い業種が、英語力のある人材を採用しているという傾向が出ています。

一方で、「あてはまらない」が多いのが外食系や建設、不動産、小売業となっています。
これらの業種は、国内の市場をメインとしてビジネスを行っているのが一つの要因ではないかと考えられますが、今後2020年の東京オリンピックがあることで、訪日外国人に対してのビジネスチャンスを活かす機会も増えると予測されるため、今後英語力のある人材も増えてくるのではないでしょうか。

自分のスキルを見直す機会

自分の英語力を活かせそうな職種・業種はありましたか?

人事側としては当然スキルを持った人材は必要としています。ただし、必ずしもすべての業種・職種で必要かというとそうではありません。
こういったデータのように英語力との関係性が高い職種や業種がありますので、転職をする際にぜひ参考にしてみてください。

>あなたの市場価値を見いだす転職サービス

あなたの市場価値を見いだす転職サービス

転職アプリのミイダスは職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断。
適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サイトです。