ミイダスマガジン

就職に有利になる情報が満載!

CATEGORY

FORROW ME!

目次
  1. テレワークとはどんな意味?
  2. 在宅ワークが可能な求人オファーの多い業種とは?
  3. 「ソフトウェアベンダ」と「システムインテグレータ」とは?
  4. 在宅ワーク・リモートワークが可能な求人オファーが多い職種とは?

最近「リモートワーク」っていう言葉を聞くけど、リモートワークができるのは、どんな業種なんだろう?

「テレワーク」っていう言葉を知ってるか?「リモートワーク」とほぼ同じで、「telework」つまり「tele = 離れた所」で「work = 働く」って意味なんだ。日本でも1980代にNECが六本木にあった本社の他に、郊外(吉祥寺)にサテライトオフィスを作ったことで話題になったんだってさ。

テレワークとはどんな意味?

「日本テレワーク協会」によると、テレワークとは 「情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと」。


さらに働く場所によって以下の3つに分けられています。

  • 自宅利用型テレワーク(在宅勤務)
    自宅で勤務。PC、インターネット、電話などを使用する働き方。
  • モバイルワーク
    顧客先や移動中などにPC、スマートフォンなどを使用する働き方。
  • 施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)
    勤務先以外のスペースでPCなどを利用した働き方。


「リモートワーク」、「テレワーク」など、勤務先以外で働くという働き方。今回はミイダスのオファーの中で「在宅勤務可能」なのは、どんな業種かチェックしてみよう!

在宅ワークが可能な求人オファーの多い業種とは?

職種別オファー数ランキング
  • ソフトウェアベンダ
  • システムインテグレータ
  • Webサービス/Webメディア


ミイダスのオファーを調べてみたところ、以上の3業種に「在宅勤務可能」としている企業が多いという結果が出ました。

ちなみに、各種「メーカー」にも在宅勤務可能としているオファーが複数ありました。
その他、「コンサルティング」や「クラウド」、「アウトソーシング(コールセンター)」などにも在宅勤務可能なオファーがありました。
在宅勤務可能なオファー数自体、それほど多くないというのが現状ですが、ご紹介した業種ではオファー数にそれほど差はなく、ほぼ同数です。

「ソフトウェアベンダ」に「システムインテグレータ」かぁ。どこかで聞いたことがあったような気がするけど、あまり馴染みのない業種だね。
そうだな。もう少し詳しく見てみよう。

「ソフトウェアベンダ」と「システムインテグレータ」とは?

  • ソフトウェアベンダ ソフトウェア製品の開発と販売をする企業。販売のみを行う販売代理店も含める。
  • システムインテグレータ ソフトウェアベンダが開発したソフトウェアを活用し、ハードウェアやネットワークなども含めたシステム全体を構築し、品質を保証する企業。SIer(エスアイヤー)とも呼ばれ、コンサルティングや運用・保守なども行う。


ソフトウェアベンダとシステムインテグレータ企業では、既に2006年ごろから在宅勤務制度を導入しており、「在宅勤務のパイオニア的業界」とも言えます。

在宅ワーク・リモートワークが可能な求人オファーが多い職種とは?

ソフトウェアベンダやシステムインテグレータなどの業種が多いということは分かりました。それでは、どのような職種のオファーなのでしょうか。

そもそも在宅勤務が可能なのは、どんな業務なんだろう?
そうだな、在宅勤務が可能な業務をまとめてみよう。
在宅勤務可能な業務の条件
  • パソコンや電話などの通信環境が整っている
  • 出社の必要がない業務内容
  • タスクやパフォーマンスを可視化できる


在宅勤務可能な業務の条件を満たしている職種として、やはり現状ではエンジニアやWebデザイナーなどのIT系職種、テレフォンオペレーターなどが多いようです。大手ソフトウェアベンダでは、時短勤務と共に在宅勤務制度を導入し、出産や育児期間の「ワークライフ・バランス」の向上を図っている企業もあります。


今後はさまざまな共有・コミュニケーションツール、オンライン通話などを活用し、さらに多くの職種で在宅勤務が可能になることが予想されます。

働き方がフレキシブルになっていく。それって嬉しいことだよね〜。
そうだな。でもそれは「勤務する時間や場所よりもパフォーマンスを重視する」ということだからな。在宅勤務は、企業側が信頼できる人に対して許可するものだろうし、ある程度の裁量が与えられることもあるだろう。逐一管理されなくても、しっかりと結果で応えられる。ハイパフォーマーであろうとする「プロ意識」が求められるだろうな。
「働き方改革」って言うけど、働く側の「意識改革」も必要かもね。