ミイダスマガジン

就職に有利になる情報が満載!

CATEGORY

FORROW ME!

目次
  1. イベント関連企業で過酷な時間外労働の日々の中、給料未払いが発生。生きるために転職を決意
  2. ミイダスで無駄の無い転職活動が出来た理由
  3. 人材派遣会社からのオファーで自分が満足する仕事を見つけた

ミイダスを使って転職して輝いている人、活躍している人に匿名インタビューを実施。

「なぜ転職したのか?」「市場価値は上がったのか?」「給料やポジションは上がったのか?」

顔出しアリのカッコ良い転職インタビューではとても書けないリアルな内容。転職者の本音から「転職成功のヒント」を探ります!
今回お話してくださるのは、20代男性のKさんです。


イベント関連企業で過酷な時間外労働の日々の中、給料未払いが発生。生きるために転職を決意

 

転職活動を始めたきっかけを教えてください。
実はその時勤務していた企業の給与の未払いが原因でした。給料2ヶ月分も未払いで、実はまだ解決していません。
それは大変でしたね...。転職前はどんな仕事をされていたのですか?
イベント関係の企業に勤務していました。スーパーや郵便局の入り口などのわずかなスペースを借り、携帯電話やウォーターサーバーなど、さまざまな物の販売を企画していました。
基本的に、社員は全員1人で場所を提供していただいた会場まで行き、設営をして販売をします。でも実際、全く売れないんですよ。会場が遠いと終電がなくなり、帰れなくなる事も。もちろん会社からは宿泊費なんて出ません。勤務時間が長く、不規則で大変でした。休みも満足に取れなかったです。
そんな大変な状況の中、転職活動はどのように進めたんですか?
最初は、CMなどでもおなじみの大手転職サイトに数社登録していました。
でもスカウトの数が多く、見るだけでも大変で。1ヶ月で100くらい来ました。しかも自分の希望とは全く違う職務内容のスカウトばかりで、さすがに面倒になってきましたね。
それに「スカウト」と言うから最初は半ば採用されるんじゃないか?くらいに思っていたら、面接どころか書類選考であっさり落とされて。「スカウト」という響きで期待させておいて、ひどいなと思いました。実際、全く決まらなかったです。
分かります!「スカウト」と言われると期待してしまう分、あっさり書類選考で落とされた時はかえって落ち込みますよね。それにしてもスカウトの数が多くないですか?そんなに来るものですか?
スカウト内容を見ると、大学は法学部で法律の知識が多少あるという事と、比較的多くの資格試験を保有しているというのが関係しているのかなと思いました。英検にTOEIC、中高の教員免許も持っています。あと漢検も(笑)。
すごい!それでも転職は成功しなかったんですね。
はい。大手転職サイトはオファー数も多いですが無駄も多かった、という印象です。

ミイダスで無駄の無い転職活動が出来た理由

 

それで、ミイダスを使ってみようと?
はい。正直「ミイダス」なんて知らなかったんです(笑)。最初は使い方も分からなかったのですが、登録が簡単だったので、携帯からでも簡単にできました。
大手転職サービスなどは最初携帯で登録をしていて、あまりにも登録内容が多く煩雑で、途中でPCに変えるという事も多かったので、登録が簡単なのは本当に助かりました。
良かったです!それで、登録後もスムーズに転職活動は進みましたか?
はい。オファーがきた3社、全て面接に伺いました。
「ミイダス」では条件を詳細に設定してオファーを受けられるためなのか、他の転職サイトのように興味のない企業からはオファーが送られて来なかったです。
転職された企業からオファーがきた時は、どんな気持ちでしたか?
それまで知らない企業でしたが、企業のホームページなどを見て調べました。そして「自分がやりたい仕事にマッチしているのではないか。」と思いました。
応募しようと思った決め手とかありましたか?
自分はずっと「人と関わる仕事をしたい。」と思っていました。これまではイベント会社で知らない場所や人相手に仕事をしてきました。でも、これからはもっと深く人と関わる仕事をしたい。もっと誰かの役に立てる仕事がしたい。そんな欲求がありました。
「興味」を持てる仕事か持てない仕事かという判断基準が明確にあったので、「自分がやりたかった仕事ができ、急成長している企業」だと思えた事が、応募の決め手になりました。
転職された企業の面接や選考に関してどのような印象でしたか?
これまでも何社か面接を受けてみて「良い点ばかりをアピールする企業が多いな」と、漠然とした不安を感じていたんです。
でも転職した企業は厳しい点もしっかりと教えて頂けたので、「真剣に向き合ってくれているな」と感じて、とても好感を持ちました。

人材派遣会社からのオファーで自分が満足する仕事を見つけた


転職後はどのような仕事なのでしょうか?
人材派遣会社です。将来的には仕事を紹介したり、派遣先をコーディネートするキャリアアドバイザーになりたいと思っていますが、全ての社員は一旦、さまざまな企業に派遣されるので、今は他社で勤務しています。
派遣先はコールセンターで、ガスメーターにつける安全システムの交換のご案内をしています。いわゆるインサイドセールスですね。無料の機械を交換するご案内ですし、既にご利用いただいているお客様に電話をかけていますのでスムーズです。
今の仕事に満足していますか?
十分満足しています。
未経験の業界でしたが、面接の時に「人材コーディネーターになりたい」という事を伝えたところ、会社側から具体的なキャリアプランを提示してもらえました。
自分の目標とするポジションに到達するまでに、どのような道を辿っていくのか...。キャリアパスが明確になっていると多少業務で大変な事があっても、モチベーションを保つ事ができています。
転職のアドバイスをお願いします!
「各転職サイトやサービスの、それぞれの強みを活かして転職活動に役立てる。」という事でしょうか。
転職エージェントのキャリアアドバイザーから直接情報などを聞くことも大事でしょうし、気軽に登録できる転職サイトのオファーやスカウトを待つ事も大事です。固定観念を捨てて、いろんなやり方で転職活動をしてみると良いと思います。
転職エージェントのキャリアアドバイザーが間に入らないような転職サービスを利用する時に気をつけていたのが「丁寧に詳細な情報を入力する事。」ミイダスを登録する際も、自分のプロフィールや希望職種などを丁寧に入力しました。
でも、どんなに良いと思っても、1つの転職サービスやサイトにのめり込んでしまうのは危険です。冷静に論理的に、自分にとって必要な情報を取捨選択することが大事だと思いました。

転職メモ 自分の未来は自分で決める。転職活動を丸投げしてはいけない。


Kさんは冷静な口調で
「大手転職エージェントにもデメリットはありますよ」
と言い切ります。

キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、親身に転職活動をサポートしてくれる。一見、至れり尽くせりで良いサービスだと思いますが...。
「自分の将来を決める大事な転職活動、丸投げはダメです。大手人材紹介会社だって商売でやってるんですから。」

転職はゴールではありません。自分が「その会社に合うのか」「その会社で活躍できるのか」、「その会社で働く人はどんな人なのか」転職後の新たなスタートを見据え、厳しい目で慎重に見極める事が大切。

ー2ヶ月分もの給与未払いー

そんな苦しい状況を経験されたからこその「信念」を感じました。