ミイダスマガジン

CATEGORY

FOLLOW ME!

ミイダスバナー

目次
  1. 未経験から人事になる方法
  2. 未経験から人事へ転職するためのポイント
  3. 人事に転職するならミイダス!
  4. ミイダスを活用して未経験転職を成功させた人の事例
  5. 人事に求められるスキル
  6. 人事の主な仕事内容
  7. 転職アプリ「ミイダス」を活用して人事の求人に応募しよう
「人事になるにはどうしたら良いのだろう」 「未経験だけど人事の仕事にチャレンジしたい」 このように悩んでいる方に向けて、本記事では未経験から人事の仕事に就く方法を紹介します。

人事になるには、社内で異動願いを出すのが一番リスクが低くておすすめです。

ただし、必ずしも従業員の希望どおりに異動できるとは限りません。異動が叶わない場合は転職を視野に入れても良いでしょう。

転職アプリ「ミイダス」では人事の求人を多く取り扱っています。未経験歓迎の求人も掲載しているため、人事の仕事に転職したいと考えている方はぜひチェックしてください。

\自分に合った求人を探せる!/
【無料】ミイダスに登録する

未経験から人事になる方法


未経験から人事になるための具体的な方法を2つご紹介します。

  • 人事部への異動願いを出す
  • 人事を募集している企業へ応募する

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

人事部への異動願いを出す

未経験から人事になる際におすすめの方法は、自分が現在勤めている会社の人事部に異動願いを出すことです。この方法なら転職活動を行う労力はもちろん、転職に失敗するリスクもありません。

ただし異動願いを出したからといって、必ずしも希望部署に異動できるとは限りません。会社の事情によっては、希望が叶わないこともあるでしょう。

ただ、異動が叶わなかったとしても特にリスクはないため、まずは異動願いを出してみるのがおすすめです。

人事を募集している企業へ応募する

自分が勤めている会社で人事部門への異動が叶わなかった場合は、人事を募集している企業への転職を検討してみましょう。未経験者歓迎の求人もあるため、人事として働いたことがない人にもチャンスはあります。

ただし、未経験だと応募できる人事の求人は数が限られます。また「未経験可」の求人でも人事経験のある応募者が現れた場合、経験がない人は不利になりやすいです。

未経験から人事への転職を視野に入れるなら、転職支援サービスを利用するのがおすすめです。 転職アプリ「ミイダス」なら、コンピテンシー診断を受験すれば自分の特徴に合った会社からスカウトメールが届きやすくなるため、効率的に転職活動を行えます。

ミイダスでは人事の求人も多いです。サービス詳細は下記をチェックしてみてください。

\自分に合った求人を探せる!/
【無料】ミイダスに登録する

とはいえ転職は簡単に成功するものではありません。どうすれば未経験から人事の仕事に就けるのか、ポイントを解説していきます。

未経験から人事へ転職するためのポイント


未経験から人事へ転職する際に意識したい4つのポイントを紹介します。

  • まずは転職サイトに登録する
  • 説得力のある志望動機を用意する
  • 前職で培ったスキルがどう人事の仕事に活かせるかアピールする
  • 難しいと感じたら人事に関係する仕事への転職を考える

これらのポイントを意識して転職活動を進めることで、未経験から人事へ転職できる確率が高まります。各ポイントについて詳しく解説していきます。

まずは転職サイトに登録する

人事への転職を意識するなら、まずは転職サイトへの登録をおすすめします。転職サイトに登録すれば、自分のペースで転職活動を進められるからです。

転職エージェントを利用する方法もありますが、エージェントを利用すると求人への応募を促されるため「転職しようか考え中」という人には向いていません。まずは自分のペースで活動を進めやすい転職サイトに登録して、実際どのような求人があるかチェックしてみましょう。

転職サイトへの登録を考えている方は、この機会に転職アプリ「ミイダス」を活用してみませんか。 ミイダスに会員登録すれば利用できる「コンピテンシー診断」を受験すると、自分の特徴に合った企業からスカウトメールが届きやすくなります。

ミイダスのサービス概要は下記からご確認ください。

\自分に向いている仕事がわかる!/
ミイダスでコンピテンシー診断する

※登録後に無料で診断できます。


説得力のある志望動機を用意する

未経験から人事へ転職する際は、説得力のある志望動機を用意することが重要です。なぜなら、未経験者を採用するには企業側にもリスクがあるからです。

そのリスクを上回るだけの熱意や自分を採用するメリットがあることを、志望動機で伝える必要があります。説得力のある志望動機を用意していないと、書類選考で落とされる可能性が高まります。

逆に説得力のある志望動機を用意できていれば、面接に進める可能性が高くなるのです。未経験でも人事として採用されやすくなるため、志望動機を作り込みましょう。

前職で培ったスキルがどう人事の仕事に活かせるかアピールする

前職で培ったスキルを、人事でどう活かせるか面接官にアピールすることも大切です。なぜなら前職での経験やスキルは、人事の仕事を行ううえでも強みになるからです。

たとえば接客業で培ったコミュニケーション力は、人事の仕事のひとつである「採用面接」でも役立つでしょう。アピールできるスキルがないと「採用するメリットがない」と判断されてしまいかねません。

自分のスキルをどう活かせるかアピールすることで、未経験でも人事として活躍できる人材だと評価してもらえる可能性が高まります。

難しいと感じたら人事に関係する仕事への転職を考える

未経験でも応募できる人事の求人もありますが、簡単に採用されるわけではありません。 「転職活動を行ってみたけれど今のままでは人事の仕事に転職できそうな気がしない」と感じたら、人事と関係する仕事への転職を考えるのもひとつの手です。

たとえば人材会社の営業職は、人材を扱うという仕事の性質上、人事の仕事との共通点も多いです。 人事関連の仕事を経験することで得られるスキルは、多岐にわたります。

採用や労務管理の知識も身につくでしょう。 そういった経験やスキルは、将来人事への転職を考えたときに必ず役立ちます。

人事に転職するならミイダス!


未経験から人事への転職を考えているなら転職アプリ「ミイダス」を試してみませんか?ミイダスは無料で利用できる、会社とあなたの相性のマッチングを重視している転職支援サービスです。

人事の求人が多いのはもちろん、可能性診断(コンピテンシー診断、バイアス診断ゲーム)を活用することで自分に合った企業へ転職しやすくなります。特にコンピテンシー診断を受けると企業からのスカウトメールが届きやすくなるので、ぜひ試してみてください。

「自分にどのような仕事が向いているのか知りたい」 「職歴だけでなく自分の特徴も見てくれる企業と出会いたい」 このように考えている方は、ぜひミイダスをご活用ください。サービスの概要確認やアプリのインストールは下記から行えます。

\自分に向いている仕事がわかる!/
ミイダスでコンピテンシー診断する

※登録後に無料で診断できます。


ミイダスを活用して未経験転職を成功させた人の事例


「未経験だけどうまく希望の仕事に転職できるのか不安」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで、ミイダスを活用して未経験の仕事に転職した人の事例をご紹介します。

他の人はどのように転職を成功させたのか、実際の事例を知ることで、自分が転職活動を進めるうえでの参考になるはずです。ぜひ参考にしてください。

業界・職種未経験でもカスタマーサクセスに転職した事例

大手携帯ショップの代理店に7年ほど勤めていた女性のAさんは、ミイダスを活用してミイダスのカスタマーサクセスに転職しました。前職では上司からのパワハラにあい、子どもと過ごす時間もほとんどなかったそうです。

「前職に就くまではパートで働いていました。通信制の高校を卒業し、大した学歴・職歴もなし。また小さな子どももいたので働く時間も十分にとりにくい、という事情もあって転職活動は難しかったです」退職後に求職活動をはじめましたが、書類選考はほとんど落ちる状況でした。

コロナ禍もあり、転職エージェントから紹介される求人も減るなかで出会ったのが「ミイダス」。 「ミイダスへ登録するときに出てくる市場価値診断は良かったです。私にもこんなに価値があったんだ、と感じられてとても救われました。あと、ミイダスの面接確約スカウトも良かったです。とりあえず面接だけはしてくれるので、効率的に転職活動を進められましたね」

【関連記事:書類選考すら通らない日々。業種・職種未経験でカスタマーサクセスに転職できた理由 | ミイダスマガジン

飲食業界から事務職に転職できた事例

40代女性のAさんは、飲食店の店長補佐から専門商社の事務職への転職を決めました。

「接客は嫌いではないのですが、朝早くから終電まで働く日々で『いつまでこの働き方ができるのだろう』と悩んでいました。年齢を重ねても安定して仕事ができる事務職に転職したい!と思い、会社を辞めてから転職活動をはじめました」

しかし、退職後は「事務職未経験」や年齢などもネックになり、なかなか転職活動がうまくいかなかったようです。事務職を諦めかけていたとき、ミイダスから事務職のスカウトが届きました。 「

当時はアルバイトでホテルのフロント業務をしていました。夜勤明けにミイダスからのスカウトメールを見て、とても嬉しかったことを今でも覚えています。その会社は、面接の日には上司がバス停まで迎えに来てくれるような、温かい職場です。無事にそこへの転職も決まり、とても良かったです!」

【関連記事:40代、飲食業界から事務職へ!「ほぼ未経験」でも転職成功した理由 | ミイダスマガジン

未経験でもマーケティング職に転職できた事例

家電量販店で商品説明や販売の仕事をしていた30代女性のSさんは、ミイダスのコンピテンシー診断を活用してIT企業のマーケティング職に転職しました。

「会社は東証マザーズに上場するなど、事業規模も拡大して勢いもありました。しかし、私は他部署への異動が頻繁に続き、残業時間もかなり増えてしまいました。それが転職を決意した理由です」

転職活動の当初は転職エージェントに相談したり転職フェアへ参加したりするなど、準備を進めていました。しかし業界・職種ともにこだわりがなく、転職後のイメージを形にできていなかったそうです。

「周りに言われるがまま応募を進めていたら、120社から不採用をいただきました。その後、ミイダスのコンピテンシー診断を利用して、自分の強みを可視化し、業種や職種もある程度絞って応募をしました。今はIT企業のマーケティング職として働いており、年収や残業時間といった待遇も良くなり満足しています」

【関連記事:120社全滅…つらい転職活動がミイダスで変わった。未経験からマーケッターに!

\自分に合った求人を探せる!/
【無料】ミイダスに登録する

人事に求められるスキル


人事に必要不可欠な4つのスキルを紹介します。

  • コミュニケーション力
  • 企画力・提案力
  • 調整力・臨機応変さ
  • 法律に関する知識

これらのスキルは、人事の業務を円滑に進めるために欠かせません。各スキルについて詳しく解説します。

コミュニケーション力

コミュニケーション力は、人事の仕事において重要なスキルのひとつです。 人事は社内のさまざまな部署や社員と関わったり採用候補者との面接を行ったりする必要があります。

そのため相手の話を適切に理解し、自分の考えをわかりやすく伝える能力が求められるのです。

たとえば中途採用の際は、面接を通じてこれまでのキャリアや転職理由、今後実現したいことをヒアリングして、採用するかどうかを判断します。優秀な学生を見抜くためには、コミュニケーション力が不可欠です。

企画力・提案力

人事には採用戦略の立案など、企画力・提案力も求められます。 企業の目指す方向性を理解し、その実現のために必要な人材を適切に採用できなければなりません。

そのためには採用施策を自ら企画し、経営層に提案していく力が必要です。 たとえば即戦力となる中途採用を増やしたい場合、人事は採用施策を立案します。

その後は企画書を役員に提出して承認を得られるよう説明することも、人事の大切な仕事のひとつです。

調整力・臨機応変さ

人事の仕事には調整力・臨機応変さも欠かせません。なぜなら人事は社員の労務管理を行うため、さまざまなトラブルに直面する可能性があるからです。

トラブルが発生した際は社員の意見を汲み取りつつ、会社の方針とのバランスを取る必要があります。

たとえば社員から「上司とのコミュニケーションがうまくいかない」という相談を受けたとしましょう。その際は社員の話に耳を傾けつつ上司の認識も確認し、双方の意見を調整するといった柔軟な対応が求められます。

法律に関する知識

人事には労働関連法規に関する知識も必要です。労働基準法や労働契約法など、人事に関わる法律は数多くあります。

これらの法律を理解し、適切に運用していく必要があるのです。 法律に関する知識がないと、思わぬところで法律違反をしてしまうかもしれません。

人事を目指すなら、スキルアップを怠らない姿勢を持つことが大切です。

人事の主な仕事内容


人事の仕事は多岐にわたります。ここでは主な4つの仕事内容について紹介します。

  • 採用業務
  • 人材育成
  • 人事評価制度の設計および運用
  • 労務管理

各業務の具体的な内容について見ていきましょう。

採用業務

採用業務は、人事の重要な仕事のひとつです。具体的には採用計画の立案や求人広告の作成、書類選考、面接の実施など、採用に関わる一連の業務を行います。

たとえば、新卒採用であれば大学の就職部と連携して会社説明会を開催します。説明会で接した学生の中から書類選考と面接を経て、適性の高い人材を見極めていくのです。

人材育成

人材育成も人事の重要な仕事です。具体的には社員研修の企画・運営、資格取得の支援、キャリア形成の支援などを行います。

なかでも、新入社員研修の企画・運営は人事の大切な仕事のひとつです。社会人としての基礎知識やビジネスマナーを身につける研修を実施することで、新入社員の早期戦力化を図ります。

人事評価制度の設計および運用

人事評価制度の設計・運用も人事の仕事です。具体的には評価基準の設定、評価者訓練の実施、評価結果の分析などを行います。

たとえば評価基準を設定する際は、会社の目指す方向性や戦略に合わせて設計します。評価指標に基づいて社員の人事評価をし、適切な処遇を行う必要があるのです。

労務管理

労務管理も、人事の重要な職務のひとつです。具体的には勤怠管理や社会保険手続き、安全衛生管理などを行います。 たとえば勤怠管理では、従業員の出退勤時間を適切に把握し、残業時間が法定の上限を超えないよう促す必要があります。

また、健康診断やストレスチェックなどを行い、従業員が安心して働ける環境を整備するのも人事の仕事です。

転職アプリ「ミイダス」を活用して人事の求人に応募しよう


本記事では未経験から人事になる方法について解説しました。社内異動が安全ではありますが、確実に希望がとおるとは限りません。 もし異動が叶わないのであれば、転職も視野に入れてみましょう。

転職アプリ「ミイダス」では人事の求人を多く取り扱っています。未経験でも応募できる人事の求人もあり、可能性診断を活用すれば自分に向いている仕事も把握できます。

どのような人事の求人があるのか、そもそも自分は人事に向いているか、ぜひミイダスのコンピテンシー診断を試してみてください。

\自分に合った求人を探せる!/
【無料】ミイダスに登録する