注目キーワード

教えて!転職体験談〜コンサルティング

ミイダスを使って転職して輝いている人、活躍している人に匿名インタビューを実施。

「なぜ転職したのか?」「市場価値は上がったのか?」「給料やポジションは上がったのか?」

顔出しアリのカッコ良い転職インタビューではとても書けないリアルな内容。転職者の本音から「転職成功のヒント」を探ります!

今回お話してくださるのは、30代男性のSさんです。

 

「家庭」と「仕事」の両立を考えた時、人生が動き始めた

ー転職前はどんな仕事をされていたのですか?

全国の開業希望のドクターへのコンサルティングをしていました。 ウェブからの流入や過去にコンタクトを取れていたドクターに対して、開業物件や医療機器、電子カルテなどの提案を行い、コーディネートをしていました。 仕事を始めて約1年、仕事のやりがいや楽しさを感じていました。5年、10年後の自分をイメージできていて、充実していましたね。

ー順調に仕事をされていたのですね!それなのになぜ、転職しようと思われたのですか?

妻が2人目の子供を出産する前に、妻の実家がある札幌への転居を決めたんです。それで、札幌で勤務できる会社への転職を決意しました。

ーそれは大きな決断ですね!迷いや葛藤もあったと思います。

もちろんありました。その時、仕事も充実していましたし、自分には友人や知人も周りに多くいましたから。反対に札幌には知り合いが1人もいない状況です。公私ともに大いに迷いがありました。

ー仕事だけではなく生活の基盤を変えるというのは、なかなかできない事だと思います。

私達夫婦は、互いの実家から離れて生活をしていました。私は土日出勤や平日も帰宅が22時以降になる事もあり、仕事中心の生活を送っていました。
妻は、1人で育児と家事を頑張ってくれていましたから「安心して頼れる人が近くにいないというのは負担が大きいだろう」と、ずっと気にかけていました。
2人目の妊娠が分かった時、嬉しい反面「このままでは、妻から笑顔が消えてしまうのではないか…」と思いました。仕事と家庭の両立は自分の求めるものでもあり、決断しました。
妻の両親へ第2子の妊娠と育児のサポートのお願い、そして札幌への転居の意向を伝えました。転居については快諾してくれたものの、「仕事が見つかるだろうか…」と言われました。

東京と札幌、「遠距離転職活動」が始まった

ーそれで、転職活動を行ったわけですね。

はい。最初は大手転職エージェントを3社ほど活用して転職活動を行っていました。でも自分の希望条件に合うものが見つかりませんでした。
結果的には6社ほど選考に進みましたが、そのうち希望条件に合う内定先は1社でした。 大手エージェントでは、遠く離れた札幌の企業や転職事情に関する情報も少なく、選考前後でギャップを感じることもありました。

ーミイダスを活用されてみていかがでしたか?

まずは札幌の企業も募集していることに驚きました。そしてオファーが来たことが素直に嬉しかったですね。自分の希望条件を理解した企業からダイレクトにオファーが来るので、無駄がないと思いました。
勤務地が札幌で、年収も希望通りであること。そして仕事内容が、今までの経験を活かせると感じたので応募しました。

ー仕事を続けられながらの転職活動。しかも遠隔地となると、ご苦労もあったと思います。

そうですね。面接場所や、時間など企業側が配慮してくださったので、助かりました。
でも、面接でお会いする方以外とはお話ができないことや、「札幌ならではの内情」というか、細かな情報を確認することが難しい状況でした。そのあたりは、遠隔地への転職の大変さを感じました。

応援してくれている人達の想いを胸に、札幌へ

ーSさんのご両親やご友人などの反応はどうだったのですか?

私の両親へは転職先決定後、第2子妊娠と転居する事を伝えました。心配されましたが、「その方が家族皆にとっていいだろう。」と理解し、応援してくれました。
それから、友人にはきちんと報告する時間が取れなかったのですが、先日結婚式を行い、札幌への転居と転職について、サプライズで発表しました。皆驚いていましたが、「遊びに行くからね!」など両親同様、温かく応援してくれました。嬉しかったです。

ー良かった!素敵な結婚式でしたね(*^_^*)転職後の仕事内容についても教えてください!

介護事業者に向けた、経営コンサルティング業務を行っています。 具体的には介護請求ソフトの提案や求人サイトの活用提案、M&A仲介、セミナー開催などを展開しています。
勉強することが求められ続ける環境なので、多面的に成長できていると感じます。 正直、首都圏での仕事と比較して、スピード感などに物足りなさを感じることもありますが、空いた時間に資格の勉強をするなど、有効に活用しています。

ー転職のアドバイスをお願いします!

何より大事なのは、労働条件だけでなく「どうすれば、より満足した生活を送れるのか?」を見つめ直す事が大事だと思います。それには自己認知が欠かせないと思います。
あとは、直感を信じて決断すると良いと思います!

転職メモ

「家庭」と「仕事」の両立。その根本にあるものは何かを考える

「まず第一に、妻の体調や心理的な部分にも余裕が生まれたことが明らかに分かるので、転居・転職をして、良かったと感じます。」 Sさんは穏やかな笑顔で話されていました。
前職では土日勤務や22時以降の帰宅も多かったというSさんですが、現在は土日休みで遅くても20時には帰宅できているそうです。 でも、Sさんが求めた「家庭」と「仕事」の両立とは、単に「時間のやりくり」というだけではありません。
妻が笑顔でいられる環境を作る事。 子供達が健やかに成長できる環境を作る事。
根本にあったのは、そんなご家族への深い愛情でした。根本に目を向ける事で、今まで持てなかった価値観や選択肢を持てるのかもしれません。

あなたの市場価値を見いだす転職サービス

転職アプリのミイダスは職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断。
適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サイトです。