ミイダスマガジン

CATEGORY

FOLLOW ME!

目次
  1. これが正規雇用と非正規雇用の違い。もうこんな思いはしたくない。
  2. 採用枠1人を100人以上で争う。絶望的な「椅子取りゲーム」
  3. 働くことは人生の一部だから。ずっと笑顔で働ける環境を探したい

ミイダスを使って転職をしている人、活躍している人に匿名インタビューを実施。 神戸市在住のOさん(30代女性)は、コロナの影響で突然の派遣切りを経験。「次は正社員として働きたい」と、転職活動を始めたOさんですが、少ない求人にOさんと同じように派遣切りにあった人たちの応募が殺到し、厳しい状況でした。
そんなOさんの転職活動を変えたのがミイダスだったそうです。新しい職場で活躍中のOさんに詳しく聞いてみました!




これが正規雇用と非正規雇用の違い。もうこんな思いはしたくない。

転職前の仕事

建築業界に強い人材派遣会社で契約社員として働いていました。直近の派遣先は建築資材のリースをしている会社で、請求書や注文書の発行といった営業事務の方のサポートをしていました。

転職を考えたきっかけ

直近の派遣先との契約は5月に終了する予定だったので、3月から派遣元の会社に新しい派遣先を探してもらっていました。ただ、コロナが問題になり始めた時期だったこともあり、なかなか派遣先が見つかりませんでした。でも 、派遣先が見つからない場合は待機になり、待機期間中も派遣元から給与がもらえることになっていたので、生活は大丈夫だろうと思っていました。
でも、急速に景気が悪化したせいか、突然会社から「契約社員の方は契約満了ということで退職してもらいます」と言われてしまいました。派遣切りです...。
「こんな目に遭うなら、次の会社は絶対に正社員になろう」と思いました。正規雇用(正社員)で派遣されている人たちがクビになることはなかったのに...惨めでした。

採用枠1人を100人以上で争う。絶望的な「椅子取りゲーム」

「ミイダス」に出会う前の転職活動

緊急事態宣言が解除された6月頃から動き出しました。最初はハローワークに行ったり、いろんな転職サイトや転職エージェントに登録したり、手当たり次第に転職活動をしました。ミイダスはWeb広告を見てインストールしたのですが、最初はしばらく放置していました(笑)。
その時使っていた転職サービスは「この求人に何人が応募している」と、応募状況を確認できました。「いいな」と思う求人があっても、応募する前から「この求人には100人以上の人がエントリーしています」ということが多く、「ああ、私じゃ受からないわ…」と落ち込んでしまう。コロナで私と同じように派遣切りになってしまった人も多いと聞いていましたから、本当に厳しい...そんな状況でした。

ミイダスにしか求人を出していないという企業も。あっという間に転職成功!

8月初旬から「ミイダス」を使い始めました。最初はコンピテンシー診断やパーソナリティ診断が受けられるということで興味を持ったからでしたが、ミイダスをインストールしてわずか2週間で転職が決定。今考えると、最初からミイダスを使っておけば良かったです(笑)。

「コンピテンシー診断」をやってみて気づいたこと

「1つの求人に多くの人が殺到する」そんな一般的な転職サービスに疲れてしまった7月頃、「そういえばミイダスに登録していたな...」と思ってログインしてみました。そうしたら、何社かオファーメールが届いていたんです!

ミイダスには、他の転職サービスでは見かけない求人が多かったように思います。私が今回転職した会社も「ミイダスにしか求人を出していなかった」と言っていました。ミイダスにしかない掘り出し物のレア求人があると思います。
最終的にミイダスを通じて10社以上の会社からオファーをいただいたと思いますが、どれも私が求める条件にフィットしていたので「求人の質が高い」と感じました。

働くことは人生の一部だから。ずっと笑顔で働ける環境を探したい

入社の決め手は「希望条件」だけではない

入社を決めた会社は興味があった建設・建築系でした。正社員として事務職と営業職のオファーを受けましたが、経験がある事務を希望しました。勤務地も何とか自宅から通える範囲でした。
そして何よりも面接でお会いした方々の雰囲気がすごく良かったんです。2次面接では社長とお会いしたのですが、とても気さくで好印象でした。

社長の温かい言葉に人柄を感じた「この会社でなら、働ける」

私は近々結婚する予定なので、社長に「結婚して出産後も、働き続けたいです。」と正直に話したら、すごく喜んでくれました。「産休、どんどん取ってね。それで必ず戻ってきてね。」と言ってくれて、感激しました。「この会社でなら、ずっと働ける」そう思い、入社を決めました。
私が経験してきた中で一番仕事量の多い職場ですが、今まで勤めてきたどの会社よりもストレスが少ない環境でもあります。周りで働いている方々が優しい人ばかりで、仕事も丁寧に教えてもらっています。今の会社に入って改めて「人間関係って大事だな」と感じています。

転職のアドバイス

私は派遣切りにあったので「早く次の仕事を見つけなければ…」と不安になって、いろんな求人に手当たり次第に応募していた時期もありました。歯科助手や飲食会社の事務、治療器具の営業といった求人も受けましたが、どれも自分にはフィットしなかったし、選考に落ちて自信を失うだけでした。
そんな時は「早く転職をしなくては」という焦りや不安になってしまいます。でも、そんな時だからこそ、本当に自分がやりたいことや興味のある分野について深く考えてみることも大切だと思いました。
転職メモ

「希望条件に合致する」だけで満足してない?
「一緒に働きたい」と思える人がいるか、ちゃんと確かめる。


ミイダスからのオファーをきっかけに、もともと自分が入りたかった建築業界に絞って転職活動を進めるようになってからは、驚くほど早く転職先が決まったというOさん。「自分が本当に入りたい!」と思うような業界や会社でなければ、面接で上手に繕っても、肝心の意欲や熱意が湧いてこないですよね。焦りと不安の中にあっても、冷静になって自分にフィットした会社を探していくことが転職成功の秘訣と言えそうです。