注目キーワード

教えて!転職体験談〜記者からマーケティングへ

転職して輝いている人、活躍している人に匿名インタビューしていく企画。「なぜ転職したの?」「市場価値は上がったの?」「給料どれくらい上がったの?」
そんなぶっちゃけトークが炸裂!転職前後の生々しい本音に迫っちゃうよ。顔出しアリのカッコ良い転職インタビューではとても書けない、転職者の本音。だからこそ、転職成功のヒントがきっと見つかる!?
今日話を聞くのは、30代男性のB先輩。IT系出版社で月刊誌の記者をしてたんだけど、2年前に外資系ITのスタートアップ企業に転職したんだって。

「転職しよう」心が動いた瞬間

いきなりだけど、転職したきっかけを教えて!

IT系の大手出版社で記者をしていた時、よく取材に行っていたスタートアップの外資系IT企業の社長から「うちに来ない?」って言われたのがきっかけなんだ。

ちょうど、出版社でのキャリアパスの限界が見えてきてたタイミングで。このまま頑張って、副編集長になって編集長になれたとして。で…その先、自分はどうするんだ?という。30代になって、「この先自分はどんな仕事をしていきたいのか」「このままで良いのか」と考えていた時期だった。

製品や市場の知識があったとはいえ、異業種で異職種への転職だよね?

そう(笑)。最初は「はぁ?」って思った。俺はその時自分が働いてた会社や仕事が好きだったしね。大企業で福利厚生もしっかりしてたし、大きなビルで仕事してたんだ。それが小さな雑居ビルの一室に入ってる、社員10名程度の小さなスタートアップのガイシだなんて。正直、「ありえねぇ」と思った。
ガイシって怖いトコだと思ってたしな(笑)。「すぐクビになるんじゃないか?」とかね。だから一度は断った。

一度オファーを断ったのに、なぜ転職を決めたの?

社長からのオファーを断ったとき、絶対に引き止められるだろうと思っていたんだ。それが「分かった。でもこの先、気が変わったら声掛けてね。」って。引き止められなかった。そのリアクションに社長の自信を感じたし、信頼できるって、逆に思ったんだよね。「会社の足りないポジションを埋めたいというのではなく、俺を見てくれてる」って思ったんだ。

それから、とにかく皆楽しそうに仕事しているんだよね。オープンで自由で、フラット。日本の企業にはない雰囲気に魅力を感じて。「転職しよう」って心が動いた瞬間だった。

大企業からスタートアップへの転職。思い切ったね。

本当に。俺も結論を出すまでに1ヶ月かかった(笑)。その時働いてた会社の上司に転職話を打ち明けたら「そんな、よく分からない会社に転職だなんて。絶対にやめとけ!」って言われたし。ちょうど結婚して、子どもが生まれたばかりだったからね。やっぱりいろいろ考えたよ。家族を守らなきゃいけないから。でも妻が「あなたが考えているとおりにして良いよ。」って言ってくれて。その言葉にも背中を押してもらったかな、今思い出すと。

転職には、家族の信頼と理解も大切なんだね。

多様な転職へのアプローチ

じゃあ転職活動は、転職サイトやエージェントを利用しなかったんだね。

うん、今回はね。でも転職サイトはずっと見てるよ。どういう職種がどのくらいの報酬をもらえるのかを見てる。転職活動をするにも、市場を知るって大事だからね。

ダイレクトにオファーもらえたなんて、転職活動の手間が省けたね。

俺の場合、仕事で関係があった会社の社長からオファーもらったわけだけど。でもミイダスって企業からオファー来るじゃない。同じことだよ。企業側が登録者のことをある程度理解して、興味を持ってくれたらオファーを出してくれるわけでしょ?普段なかなかダイレクトに他社との関係を持つ機会がないという人も多いと思うけど。ミイダスだったら登録しておけばオファーをもらえる。チャンスも広がると思うよ。うまく使った方が良い。

転職活動のイメージって転職前後で変わった?

日本では転職って、ネガティブなイメージが強いと思う。「何か嫌なことがあったから辞めたのだろう。」とかさ。 でも外資系企業ではどちらかというと、転職はステップアップのためっていうポジティブなイメージ。だから転職活動も、自分がステップアップできる会社をポジティブに選べば良いと思った。俺みたいに直接転職のオファーが来ることだってある。負担に感じないようなペースで、あせらず気長にやれば良いんじゃないかな。

自分の市場価値を上げていけ!

転職前後の仕事の内容を教えて。

転職前の出版社の時は、記者として記事を書いたり、編集もしてた。編集部では「デスク」という、記事のクオリティや内容をコントロールするポジションで、やりがいはあったよ。
ただ、やっぱり肉体労働というか、体育会系というか。月刊誌で、締め切り前は1週間くらい家に帰れないこともあった。でも本当に仕事は楽しかったし、入りたくて入った会社だったから、何の不満もなかったよ。

転職後は外資系IT企業でマーケティングをしているよ。今は残業なんてほとんどない。ただ、海外との電話会議で早朝や深夜に家で対応することはあるね。

上司との相性はどう?

相性はすごく良いと思うよ。プライベートでも親しくしてるくらい。

そうそう、「国際線の飛行機に乗るとき、隣にいても退屈しなさそうな人を雇う」っていうのがガイシでは採用の判断基準になってたりもするらしい(笑)

今、俺も採用にも関わるようになって「面接していて楽しい人が良いな。」って思う。自分と相性が良さそうな人を採用したいね。

「楽しく仕事をする」っていうマインドが外資系企業にはあるような気がする。だから「この人となら楽しく仕事できそう」っていうのが、採用においても重要なポイントのひとつになっていると思う。

転職前後で、自分の市場価値に変化を感じてる?

市場価値は上がったと思うよ。転職先の企業は世界中に拠点を持っている、いわゆるグローバル企業だから、世界中に仲間ができた。下手でも英語使わなきゃいけないしね。文化や習慣、価値観なども違う世界中の人と関わるようになって、視野もグローバルになったと思う。

ぶっちゃけ、給料はどうなったの?

転職する時に「いくら欲しいの?」って言われたから、その時点での年収を正直に言ったんだ。そしたら「それにプラス100万円でどうだ?」と。
それからバカにならないのが「ストックオプション」。給料と別に、自社株をくれるんだけど、その報酬が意外に大きい。

年収100万円アップに自社株かぁ…良いなぁ〜!

その代わり退職金がないからね。そのうえスタートアップだと、厚生年金じゃなくて国民年金っていう会社もあるよ。給料がドル払いとかね。ガイシのスタートアップだと、会社が成長するまでの間にいろんなフェーズがあるから。

転職はポジティブマインドで

将来どうしたいとか、考えてたりする?

今はマーケティングの中でも限定した分野しか担当していないんだけど、マーケティング全体を統括するポジションになるのが目標かな。今の会社で経験や知識を深めたら、自分の希望するポジションや報酬が手に入る会社への転職も視野に入れているよ。

転職回数が多い人を「ジョブホッパー」っていうけど、ただ転職を繰り返しているだけでは、年齢と共に転職の条件が落ちていく事も考えられる。だからキャリアや報酬などの待遇を上げていくために、スキルを上げながら結果を出していくことが大切なんだよね。転職回数が同じように多くても、それは「ジョブホッパー」ではなくて「キャリアビルダー」と言われる。転職のたびにステップアップしている人は、みんなそうだよ。俺も「キャリアビルダー」になりたいと思ってる。

転職の達人!転職のアドバイス、お願いします!
現状から逃げたいからと転職しても、転職後に別の問題が起きた時、また同じように逃げたいと思う自分がいるような気がする。

「今の仕事や会社が嫌だから転職したい。」ってこともあるよね。でも「嫌だから」で終わらないで、自分自身への課題や気付きなど、次に進むべきポジティブな理由も見出して欲しい。

  • 求められている以上のことをしようと努力すること
  • いろんな人と楽しく仕事をして、人脈を広げていくこと
ポジティブな姿勢で仕事と向き合って困難を乗り越えようとする人には、必ずその先につながる収穫があるものだと感じているよ。漫然と仕事していると、そういう日常の中にあるチャンスは生まれないし、見逃してしまう。

まずは今の仕事を一生懸命やってみて。

現実逃避したくなっちゃうけど今が大事ってことだね。勉強になりました〜!

あなたの市場価値を見いだす転職サービス

転職アプリのミイダスは職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断。
適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サイトです。