ミイダスマガジン

CATEGORY

FOLLOW ME!

ミイダスバナー

目次
  1. 転職で年収アップする方法
  2. 日本人の年収相場
  3. 転職で年収アップしやすい人の特徴
  4. 年収アップ狙いの転職でよくある失敗
  5. 年収アップ狙いの転職でよくある疑問
  6. 年収アップの転職を狙うならミイダス!
  7. 転職で年収アップは実現可能!
「転職で年収アップを実現したいけど、具体的にどうしたらよいのだろうか」
このように考えている方もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、下記の内容についてご紹介します。

  • 転職で年収アップする方法
  • 日本人の年収相場
  • 転職によって年収アップしやすい人の特徴
  • 年収アップ狙いの転職でよくある失敗

転職で年収アップするための具体的なコツについても言及していますので、ぜひ最後までご一読ください。

なお「自分の市場価値はどれくらいあるのだろうか」と悩んでいる方は、ミイダスの「市場価値診断」を受けてみるのがおすすめです。 転職アプリ「ミイダス」は市場価値診断のほかにも、自身の適性を活かしやすい仕事を診断する「可能性診断」を受けられます。

可能性診断を受けると、活躍できる可能性が高い企業からオファーを受けられることもあるので、ぜひお試しください。

\自分の市場価値を診断できる!/
【無料】ミイダスに登録する


転職で年収アップする方法


転職で、年収アップする方法を4つご紹介します。

  1. 年収相場が高い業界・企業へ転職する
  2. 実績を給与へ反映してくれる会社へ転職する
  3. 手当や福利厚生を考慮して転職する
  4. 年収交渉を行ってから転職する

上記の特徴に当てはまる企業へ転職したり年収交渉を行ったりすることで、転職による年収アップを実現しやすくなります。各項目について、詳細を見ていきましょう。

1.年収相場が高い業界・企業へ転職する

転職による年収アップを実現するには、年収相場が高い業界や企業に転職することが大切です。令和3年賃金構造基本統計調査を確認すると、企業規模が大きくなるほど給与相場も高くなることがわかります。


出典:(4) 企業規模別にみた賃金

つまり、転職で年収アップを目指すなら企業規模の大きいところを狙うことが重要です。企業規模が大きければ必ず年収が高いというわけではありませんが、応募先の企業を選ぶときのひとつの目安にはなるでしょう。

企業規模のほかにも、業界によって年収に差がつく場合があります。下記の資料によると、「電気・ガス・熱供給・水道業」といったインフラ系企業や「学術研究、専門・技術サービス業」、「金融業、保険業」といった業界は、年収がほかの業界に比べて高い傾向です。


出典:(5) 産業別にみた賃金

このように、年収相場は企業規模や業界によって差があります。転職による年収アップを狙うなら、企業規模が大きく年収相場の高い業界を狙うのがおすすめです。

2.実績を給与へ反映してくれる会社へ転職する

年収アップを狙うなら、仕事の実績を給与へ反映してくれる会社へ転職するのもおすすめです。 たとえばインセンティブがある会社へ転職したり、若くして管理職に抜擢される可能性がある会社へ転職したりするなど、実力主義の会社へ転職すれば年収アップを狙えます

ただし転職先で成果を出せない場合、年収が上がらなかったり早期退職につながったりする恐れもあるため、転職先は慎重に選んだ方がよいでしょう。

3.手当や福利厚生を考慮して転職する

手当や福利厚生が充実している企業へ転職するのも、年収をアップさせるひとつの方法です。 たとえば住宅手当や出張手当など、手当が充実している企業であれば基本給が高くなくても、実質的に使えるお金が増えるでしょう。

また社宅や企業内保育所といった福利厚生が充実している企業であれば、出費が減る可能性が高いです。年収が高い企業を応募先にするのもよいですが、手当や福利厚生が充実している企業も「お金が貯まりやすい」という意味では、応募先の候補として考えてみてもよいのではないでしょうか。

4.年収交渉を行ってから転職する

転職活動時に年収交渉を行うことも、年収アップを実現するひとつの方法です。うまく交渉できれば、最初に提示された額よりも年収アップする可能性があります。

ただし、企業側も提示できる年収はある程度決まっているものです。また会社の給与体系や業界の相場からかけ離れた年収を提示されると、応募者を採用しにくくなってしまいかねません。

年収アップの交渉は積極的に行ってもよいかと思いますが、無茶苦茶な金額を提示しないよう配慮しましょう。

関連記事:転職によって年収はどうなる?上がる・下がる人の特徴や事例を紹介

日本人の年収相場


民間給与実態統計調査によると、令和3年の平均給与額は443万円となっております。


引用:民間給与実態統計調査|国税庁

また同調査によると、正社員の男性は570万円、女性は389万円が平均給与と報告されています。


引用:民間給与実態統計調査|国税庁

現在の年収が平均給与未満であれば、転職することにより年収アップを実現できる可能性は比較的高いでしょう。また平均給与以上もらっている場合でも、スキルや実績によってはさらなる年収アップも期待できます。

応募する企業を選んだり年収交渉を実施したりする際に、上記の年収相場が参考になれば幸いです。

転職で年収アップしやすい人の特徴


「年収アップを実現する方法はわかったけれど、自分にできるのだろうか」
「転職で年収アップって本当に実現できるのだろうか」

このように悩んでいる方へ向けて、ここからは転職による年収アップを実現しやすい人の特徴をご紹介します。転職で年収アップしやすい人の特徴は下記のとおりです。

  • 転職市場で需要の高いスキルを持っている
  • 即戦力として活躍できる経験・実績がある
  • 転職前の年収が低い

高いスキルや経験を持っている方はもちろん現在の年収が低い人も、転職による年収アップを実践できる可能性は比較的高いといえます。各特徴について詳しく見ていきましょう。

転職市場で需要の高いスキルを持っている

英語やプログラミングなど市場の需要が高いスキルを持っていると、いい条件で転職しやすくなります。実務を通じてスキルを磨いたり、資格取得を通じて知識を身につけたりする方法がおすすめです。

ただし転職においては、資格よりも実務経験が重視されるのが実情です。特に30代を超えると、資格もある程度は評価される場合がありますが、過去の実務経験が重要になります。 実務経験とマッチする資格があれば、年収アップを狙った転職を実現しやすくなるでしょう。

実務経験はないけれど資格がある(取得する予定)という方は、これまでのキャリアを活かしつつ、資格取得で培った知識を活かせるようなキャリアを目指すとよいかもしれません。

参考:転職と資格取得の関係|日本の人事部

即戦力として活躍できる経験・実績がある

これまでの経験を活かした、いわゆるキャリアアップ転職であれば年収アップを実現できる可能性が高いです。 転職市場では実務経験が非常に重視されます。

これまでの経験が活かせるキャリアアップ転職であれば「転職後もすぐに活躍できる」と相手企業に思われやすく、比較的いい条件で転職しやすいです。

たとえば営業職に就いている場合、転職先も同じ営業であれば転職活動も比較的スムーズに進み、年収アップも実現しやすい傾向です。年収の高い同じ業界の企業を狙うのはもちろん、別業界の営業職に転職しても、年収アップを実現できるチャンスがあります。

転職前の年収が低い

現在、勤めている企業の年収が同業他社と比較して低い場合、転職することによって年収アップを実現できる可能性があります。 会社の業績がよくないため社員の給与が低い場合は、転職による年収アップを考えてみましょう。

また現在アルバイトや派遣社員といった非正規雇用の場合も、正社員への転職を実現することで年収アップが期待できます。

なおご自身の本当の市場価値を知りたい方は、ミイダスの「市場価値診断」をぜひ試してみてください。質問項目に答えていくだけで、「あなたに類似したユーザーの年収実績」や「あなたに興味がある企業数」がわかります。

\自分の市場価値を診断できる!/
【無料】ミイダスに登録する


年収アップ狙いの転職でよくある失敗


ここからは年収アップ狙いの転職で、よくある失敗をご紹介します。

  • 転職先が求める成果をあげられず年収が上がらない
  • 年収以外のデメリットが大きい

年収アップを重視するあまり、転職後に「こんなはずではなかった」と後悔してしまう場合もあります。そうならないよう、失敗パターンについて把握しておきましょう。

転職先が求める成果をあげられず年収が上がらない

「内定時には好条件で転職できたものの、入社後に活躍できない」といった失敗パターンがあります。

  • 業界、職種ともに未経験の状態で転職したため成果を出せない
  • 会社から適切なフォローを受けられない
  • 転職先の同僚とうまくコミュニケーションが取れない

このような悪循環にはまってしまうと仕事で成果をあげられず、上司からの評価も悪くなることも。そうなると入社時から年収が上がらない、場合によっては年収が下がってしまう恐れがあります。

目先の年収アップにとらわれすぎず、入社後に会社へ貢献できるかどうかも転職前に吟味しましょう。

年収以外のデメリットが大きい

年収は上がったものの、そのほかの部分で条件が悪くなってしまい結果的に満足度が下がってしまう場合もあります。

  • 肉体的、精神的に転職前よりつらくなった
  • 仕事時間が長く、長時間拘束されるためお金を使える時間が減った
  • 飲み会など必要な付き合いが多く、自由時間や手元に残るお金が減ってしまった

このような場合、年収は上がったものの満足度は下がってしまいかねません。場合によっては耐えられず離職してしまい、結果的に損してしまうこともあります。

年収だけでなく、拘束時間や職場の雰囲気なども事前にできるだけチェックしておきましょう。

年収アップ狙いの転職でよくある疑問


年収アップ狙いの転職でよくある疑問をご紹介します。

  • どのタイミングで年収交渉をはじめたらいい?
  • 交渉時に注意すべきポイントはある?
  • 資格取得は年収アップにつながる?
  • 20代でも転職で年収アップは可能?
  • 35歳以上だけど転職で年収アップは可能?

転職活動を有利に進めるためにも、詳しく見ておきましょう。

どのタイミングで年収交渉をはじめたらいい?

年収交渉は、転職面接もしくは内定後の面談で希望年収額について聞かれたタイミングで答えるのがベストです。 労働条件通知書が届いてから交渉をはじめていると遅い場合があるので、面接時にそれとなく年収について確認してみましょう。

交渉時に注意すべきポイントはある?

一次面接や複数人の同時面接で年収交渉を実施するのはやめましょう。また「希望年収は〇万円です」など、直接お金の話をするのも避けたいところです。

「このあとの選考フローを教えてください」 「条件提示はいつごろになりそうでしょうか」 このように、遠回しに労働条件について質問した方が無難です。最終面接、もしくは(実施される場合は)内定後の面談時に交渉するのがおすすめ

また上述したとおり、労働条件通知書が届く前に年収交渉は行っておきましょう。

資格取得は年収アップにつながる?

資格を取得することで、年収アップにつながるケースはあります。ただし転職市場は「実務経験」が非常に重要視されるものです。

今までの経験と関係ない資格を取得してもあまり評価されなかったり、場合によっては「今後どうしたいのかわからない」など、マイナス評価されたりする可能性もあるので注意しましょう。

ただし下記の場合、資格取得が転職市場で評価される場合もあります。

  • IT業界に所属している人がIT関連の資格を取得
  • 不動産業界で働く人が宅建を取得
  • 海外勤務経験が豊富な人がTOEICなどの資格を取得

これまでの実績や仕事内容と関連のある資格であれば「上昇志向がある」「スキルアップに対する意識が高い」など高評価につながる可能性は十分にあります。

20代でも転職で年収アップは可能?

20代でも転職での年収アップは十分可能です。「非正規→正規」で転職を実現したり、スキルアップ転職を行ったりすることで年収アップする場合があります。

ただし、1社あたりの勤続年数が短いと転職市場で敬遠されることもあります。就業経験が浅いうちは、まずは現在勤めている企業で経験を積むことも大切です。

35歳以上だけど転職で年収アップは可能?

35歳以上でも、年収アップ転職を実現することは可能です。ただしアピールできる過去の実績や成果があり、かつ「転職先でも同様の成果が出せる」と面接官に期待させることが求められます。

20代はポテンシャルを買われて採用される場合もありますが、35歳を超えると「過去の実績」がこれまで以上に重視されます。まずはこれまでのキャリアを棚卸しし、アピールできる実績がないか整理することが大切です。

年収アップの転職を狙うならミイダス!


「年収アップ転職を実現するため、さっそく行動したい」という方は、この機会に転職アプリ「ミイダス」をお手持ちのスマホにダウンロードしてみてください。ミイダスの主な特徴をご紹介します。

  • 市場価値診断:質問に答えるだけで「似た経歴を持つ人の年収実績」「あなたに興味がある企業数」がわかる
  • 可能性診断:適性が高い職種や、自分が持っている先入観(バイアス)の対処法がわかる
  • スカウトメール:あなたに興味を持った企業から、面接確約スカウトが届く場合がある

市場価値診断を受けることで自分と似た経歴の人の年収相場がわかり、今のご自身の年収が高いか低いか判断する目安となります。

また可能性診断を受けることで、自分に合った仕事やバイアス(思い込み)に気づけて、よりよい転職を実現しやすくなるでしょう。 上記機能は、ミイダスに登録すればすべて無料で利用できます。

下記からサービスの詳細確認や登録ができますので、年収アップ転職を目指している方はぜひチェックしてください。

\自分の市場価値を診断できる!/
【無料】可能性診断を受けるならミイダス


転職で年収アップは実現可能!


本記事では、転職での年収アップについて解説しました。ここで紹介した内容をまとめます。

  • 給与が高い業界や会社に転職すると、年収アップを実現しやすい
  • 需要の高いスキルを持っている人は、好条件で転職しやすい
  • 労働条件通知書が届く前に、年収交渉は行っておきたい

年収アップを実現するには、企業規模が大きい・業界全体の給与相場が高いところを選ぶことをおすすめします。転職できるように仕事を通じて実務経験を積み、市場価値の高いスキルを身につけておくことも重要です。

またミイダスの「市場価値診断」を受けて、自分と似た経歴の人がどれくらいの年収をもらっているのかチェックするのもおすすめです。 ミイダスへ無料登録すると、現在あなたに興味を持っている企業数もわかります。

登録や利用は無料なので、転職活動をご検討されている方はぜひ下記からミイダスをお試しください。

\自分の市場価値を診断できる!/
【無料】ミイダスに登録する