注目キーワード

有形営業と無形営業の比較調査!

一口に営業職といっても、何を売っているのかは様々。

形のある商品(有形)を売っている方もいれば、
形のないサービス・商品(無形)を売っている方もいらっしゃいますよね。
では、この扱う商材の違いで、現職の待遇の差、転職状況に差はあるのでしょうか──?

気になる現年収やMIIDASでのオファー受信数・オファー年収を調査・比較してみました。

有形営業・無形営業の現年収

有形営業・無形営業の現年収

見てお分かりの通りではありますが、20代~30代前半では無形営業のほうが年収は高くなっています。
しかし、30代後半になると並びはじめ、40代後半以降は逆転します。
さらに、年齢が高くなればなるほど、無形<有形の差は広がっていくという結果になりました。

それでは、MIIDASのオファー状況はどうなっているのでしょう。

MIIDASのオファー受信数・オファー平均年収

オファー受信数では、無形営業が有形営業に比べて平均4通ほど多くなっています。
かつオファー提示年収も20万強多いようです。

上で見ていただいたように、無形営業は30代前半まで、有形営業より年収が高いという状況があります。
MIIDASにご登録いただいているユーザーと層が重なるので、このような結果につながったのかもしれません。

この結果を受けて……かは定かではありませんが、無形商材の営業経験者は転職に積極的です。
オファーに対する応募数を比べると、無形営業は有形営業と約2倍の差がありました。

では、最後にランキングを見ていきましょう。どの業種が上位に来るのでしょうか?

 

MIIDASの営業オファー受信数ランキング

営業オファー受信数ランキング

特に今は、「IT/通信」が複数入っているのが注目ですね。

 

MIIDASの営業オファー年収ランキング

営業オファー年収ランキング
ランキングにするとTOP2は「メーカー(電気/機械)」が占めていました。平均値では無形営業より低かった有形営業ですが、
無形営業では「金融」が3種もラインクイン。やはり高い年収を提示されているようです。

 

さて、無形営業と有形営業の違い、いかがでしたか?

業種まとめて算出した平均結果では確かに差がありました。
しかし、業種別でとなると、どちらが良いかのという結論は、一概には出しにくいかもしれませんね。
営業職の場合は、商材で考えるのはもちろん、業種で考えるのも重要なポイントです。

現在営業職に就いている皆さんも、今後就職を考えている方も、ぜひご参考にしてください。

 

この機会に自分の市場価値を一度調べてみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

>あなたの市場価値を見いだす転職サービス

あなたの市場価値を見いだす転職サービス

転職アプリのミイダスは職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断。
適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サイトです。