ミイダスマガジン

CATEGORY

FOLLOW ME!

目次
  1. 「このままで良いのか?」漠然と感じていたのは、自分への物足りなさ
  2. 「ミイダス」の機能をフル活用した就職活動で、不満や不安を一気に解消
  3. 自己分析や業界知識を深めたからこそ、見出せたフィールドがある

ミイダスを使って、転職を成功させたユーザーに匿名インタビューを実施。
今回は営業職の経験を活かしつつも、不動産の個人営業から大手IT企業の法人営業への転職に成功した、20代男性Aさんの体験談です。

転職後の「こんなはずじゃなかった」をなくしたい

そんな想いから提供しているミイダスの「市場価値診断」や「コンピテンシー診断」、「パーソナリティ診断」。これらの診断をフル活用したという、Aさんの転職活動をご紹介します。

「このままで良いのか?」漠然と感じていたのは、自分への物足りなさ

 

転職前はどんな仕事をされていたのですか?
不動産販売の個人営業をしていました。アパートなどを訪問し、ライフプランニングを提案します。家を買う必要があるのか、どのような家を買うのが良いのかお客様にご判断いただいてから、お客様のライフプランに合った物件をご紹介するという仕事でした。
なかなか自分の話を聞いてもらえない事もあり、「どうしたら話を聞いてもらえるだろうか?」と考えながら仕事をしていましたね。お客様の大事な人生の選択に関わる事ですから、やりがいもありました。
転職しようと思われたきっかけを教えてください。
新卒入社して5年。係長としてマネジメントもしていましたが、自分や仕事に面白味を感じなくなっていました。「これ以上、この会社では自分のスキルは伸びないだろう」と。転職したいと思う明確なきっかけはないのですが、漠然と1年くらい「これが最後の1年になるかな」という思いはありました。
それで、仕事を続けながら転職活動をされていたのですか?
いえ。会社に退職の意向を伝え、有休消化している時に転職活動を開始しました。その時、自分は転勤で名古屋にいましたが、実家から通える都内の企業に転職したいと思っていました。そのため退職後実家に帰り、転職活動を始めたという感じです。

「ミイダス」の機能をフル活用した就職活動で、不満や不安を一気に解消

 

転職活動の苦労や、大変だった事などはありましたか?
ちょうど転職活動を始めた頃、コロナ禍の影響でオンライン面接に移行している時期でした。初めてのオンライン面接という事もあり、不安な事が多かったです。最初いくつかの転職サービスを利用していましたが、自分が欲しいと思う企業の情報を得られなかったり、スカウトメールが多過ぎたり。使い勝手が良くなかったです。それで、ミイダスを使い始めました。
ミイダスを使ってみてどうでしたか?
ミイダスはすごく使い易かったです。フィルター機能が優れているので、自分の希望条件を絞る事ができました。多くのオファーの中から「より自分に合う企業を」と探していて転職先の企業を見つけられました。
「営業」は業務内容も幅広いですからね。どのように条件を絞ったのでしょうか。
「年収は400万円以上」「勤務地は東京」「職種は営業」「業種はIT」「企業規模はこだわらない」というように条件を絞っていきました。 希望業種をITにした理由は「社会課題を解決するようなITソリューションを扱う、将来性のある企業で働きたい」と思ったからです。オファーがたくさん来るのはありがたい事です。ミイダスには優れたフィルター機能があるので、活用するべきですね。
それにしても、初めての転職活動がオンライン面接とは大変でしたね。
はい。でもミイダスは企業情報が豊富なので、とても助かりました。ミイダス上の企業データを読み込んで、実際に働く環境をある程度イメージ出来たのが良かったです。それで、まず面接の前に面談をお願いしました。
面接の前に面談を申し込まれたのはなぜですか?
面接の前にもう少しお話を聞いてみたいと思ったからです。また、面接を急ぐ企業よりも、フランクに面談にも応じていただけるような「余裕がある企業」が良いという思いもありました。 面談は営業の方がフランクに対応してくれました。オンラインでしたが、実際に営業担当者と話をして業務内容や職場の雰囲気など、諸々すり合わせができた事が転職の成功に繋がったと感じています。面接では用意した回答を話す事が多いですよね。回答を用意した時点で、素の自分を見せていないと思うんです。
ミイダスの特徴として「コンピテンシー診断」や「パーソナリティ診断」がありますが、活用されましたか?
しっかり活用していました。「自己分析ができるよ!」って、転職を考えている後輩にも勧めました。 コンピテンシー診断の職務適性では営業職の数値が高かったんです。「自分は営業に向いている。」と自信になりました。

自己分析や業界知識を深めたからこそ、見出せたフィールドがある

転職後の仕事内容を教えてください。
大手システムインタグレータの法人営業です。法人向けの情報共有、会議システム、メール、業務管理など業務効率化のためのソリューリョンを日本向けにカスタマイズして、販売しています。
転職前後で生活の変化などはありますか?
転職前は残業が多く、火曜日と水曜日が休みでした。転職後は残業が少なくなりましたし、土日休みになりました。ワークライフバランスが向上したと思います。仕事面でも転職前は個人営業でしたが、今度は法人相手です。業界も扱う物も異なりますので、新卒の時のような気持ちでゼロから取り組もうと思っています。とても充実しています。
転職のアドバイスをお願いします!
「転職してみようかな」と思い、外に目を向けてみたからこそ気づけた事も多くありました。 ミイダスは登録するだけで自分の市場価値が分かり、面接確約オファーが来ます。自分の可能性を見つけられるので、「転職したいな」と思っている方は、まずは行動してみて欲しいです。

転職メモ 年収だけじゃない。自分が活躍できるフィールドを選ぶ事が大切。

同じ営業職でも、これまでと営業スタイルや扱う製品が違えば未経験のようなもの。年収はこれまでよりも下がったそうです。それでもAさんは「年収は後からいくらでも上げられます。それよりも今は、自分が活躍するためのフィールドを選ぶ事が大事だと思いました。今は未経験のようなものですが、スキルや知識を積み重ねていきたいと思います。」と、力強く話してくださいました。
新卒から5年間積み上げた知識と経験、ポジション。そのまま活かせる企業からのオファーもあったそうです。それでもAさんは「市場価値診断」や「コンピテンシー診断」、「パーソナリティ診断」などをフル活用し、「自分にフィットするフィールドはどこか?」という視点でオファーを探しました。そして見事、転職を成功させました。

ミイダスに登録してオファーを受け取る