ミイダスマガジン

CATEGORY

FOLLOW ME!

ミイダスバナー

目次
  1. 職場の人間関係に疲れた場合に取るべき行動
  2. 職場の人間関係で疲れないようにする方法
  3. どうしても職場の人間関係に疲れた場合の対処法
  4. 人間関係に疲れて職場を変えたいと思ったらミイダス
  5. 職場の人間関係に疲れたら落ち着いて行動しよう

「職場の人間関係が悪くて出社したくない」

「もう同僚との出世争いや部署間の対立に付き合わされるのは疲れた」

このような理由で離職する人は少なくありません。厚生労働省の調査によると、令和3年において離職した人のうち「職場の人間関係」を退職理由にした人は全体の8.1%という結果も出ています。

引用:令和3年雇用動向調査結果の概況|厚生労働省

会社都合や収入アップが目的など退職の理由はさまざまですが、人間関係のストレスをきっかけに転職・退職をする人は多いです。とはいえ、いきなり仕事を辞めるのは現実的ではありませんし、すぐに転職先が見つかるという保証もありません。

そこで本記事では、職場の人間関係に疲れた場合に取るべき行動や疲れないために実践したいこと、どうしても我慢できない場合の対処法をご紹介します。職場の人間関係にお悩みの方はぜひご一読ください。

「人間関係に悩んで転職を考えている」
「次は自分に合った職場環境で働きたい」


そんな方は「ミイダス」のコンピテンシー診断を受けて適職を見つけましょう。

「上下関係適正」では、もし自分が部下である場合、どのような上司との相性が良いのか、逆に自分が上司である場合、どのような部下との相性がよいのかがわかります。

関連記事:転職できる?適職診断ならミイダスの「コンピテンシー診断」

\自分にフィットする会社と出会える!/
【無料】ミイダスでスカウトを受け取る

 

職場の人間関係に疲れた場合に取るべき行動


職場の人間関係に疲れたとき、どのような行動を取るべきなのかご紹介します。

  • リラックスして落ち着く時間を確保する
  • ストレスを感じる原因を明確にする
  • 第三者に相談する

詳しく見ていきましょう。

リラックスして落ち着く時間を確保する

まずは落ち着くことが大切です。疲れた状態だとすぐ結論を求めようとしたり「〇〇がすべて悪い」など、物事を単純化して考えてしまいやすくなったりします。

誤った判断をしてしまう恐れがあるため、まずはリラックスして落ち着いてみましょう。休日や有給を活用して、心を落ち着けてみませんか。

近所を散歩したり音楽を聴いたり、お風呂にゆっくりと入ったりするとリラックスしやすいです。ある程度リラックスできたら、次は現状どのようなことにストレスを感じているのか考えてみましょう。

ストレスを感じる原因を明確にする

リラックスして落ち着いたら、まずはストレスを感じる原因を考えてみましょう。考えを書き出すときは、紙に思いついたことを書き出すのがおすすめです。

頭で考えているだけだと考えがまとまりにくく「悩んだけれども結局なにも考えがまとまらなかった」となりかねません。紙に考えを書き出すことで、ストレスを感じている可能性がある原因を視覚的に確認でき、考えがまとまったり気持ちがスッキリしたりします。

悩みを書き出しているとき、原因への対処法も思いつくようであれば同時に書き込んでおきましょう。

第三者に相談する

ストレスの原因が明確にできたら、次は他人に相談してみるのがおすすめです。家族や友人、パートナーなど、信頼できる人に相談してみましょう。

悩みを他人に話すこと自体がストレス発散につながることがあります。また、自分では思いつかなかった考え方や解決策が出てくることがあるので、悩んだときは第三者を頼ってみてください。

職場の人間関係で疲れないようにする方法


ストレスを感じる原因を把握して相談したものの、すぐに問題が解決するというケースは少ないでしょう。人間関係で疲れないようにどうしたら良いのか、主な方法をご紹介します。

  • 自分の性格や強く持っているバイアスを理解する
  • 小さなことでも感謝の気持ちを伝える
  • 丁寧なコミュニケーションを心がける
  • ストレスを感じたときのリラックス方法を用意する
  • ワークライフバランスを重視する
  • 小さな目標を決めて実行する
  • 適度に愚痴を言う
  • ストレスの原因からできるだけ離れる
  • 付き合うこと・付き合わないことを明確にする
  • 関連書籍を読んでみる

どのように実践するのか、詳細を見てみましょう。

自分の性格や強く持っているバイアスを理解する

バイアスとは「思考や行動の偏り」を意味する言葉です。たとえば「男性だから〇〇だ。女性は××であるべき」「最近の若い人は△△だ」といった、ある種の偏見もバイアスといえます。

バイアスは、誰でもある程度は持っているものです。ただし強いバイアスは、自分の判断力や意思決定の質を落としかねません

職場の人間関係でたとえると「あの人はお節介が過ぎてうっとうしい」と感じていても、実際にはその人のおかげで仕事がうまく回っている可能性があります。しかしバイアスが強いと「あの人はお節介」と思い込んでしまい、結果としてアドバイスを聞かずに仕事がうまく進まなくなる恐れがあるのです。

現在人間関係で悩んでいる方は、自身の持っているバイアスをこの機会に発見してみてはいかがでしょうか。転職アプリ「ミイダス」では、あなたの持っているバイアスを診断できるバイアス診断ゲーム」を提供しています。

ミイダスに無料登録すれば誰でも利用できるので、ぜひ試してみてください。

【無料】ミイダスのバイアス診断ゲームを受ける

小さなことでも感謝の気持ちを伝える

相手に感謝の気持ちを伝えることで、職場の嫌な人間関係が改善する可能性があります。自分に感謝してくれる相手に、意地悪をし続けるのは気が引けるものです。

こまめに感謝の気持ちを伝えることが、良好な人間関係を築くきっかけになるでしょう、 また感謝の言葉を伝えることで、自分の心が軽くなることもあります。

丁寧に接していくことで周りからの評価も上がりやすくなるでしょう。 感謝の気持ちを伝えていくことは手軽にできるので、とりあえず試してみるのがおすすめです。

丁寧なコミュニケーションを心がける

相手とじっくり話す機会を設けるなど、丁寧なコミュニケーションを心がけることも重要です。ストレスを感じるほど人間関係で悩むのは、コミュニケーションがうまくできていない可能性があるからです。

こまめに話しかけたりじっくり話をする機会を作ったりなど、コミュニケーションの時間をしっかり確保することで、お互いに誤解がとけて仕事がやりやすくなる可能性があります。

ストレスを感じたときに行うリラックス方法を用意する

ストレスを感じる出来事があったらこまめに気分を切り替えることも、人間関係で疲れないコツです。

  • トイレ休憩をとって落ち着く
  • 飲み物を飲む
  • 作業をストップして深呼吸する

このようにリラックス方法をあらかじめ決めておけば、必要以上に疲れず仕事に取り組みやすくなるでしょう。

ワークライフバランスを重視する

どうしても人間関係に疲れてしまう場合は、ワークライフバランスを重視して仕事に取り組んでみても良いかもしれません。

  • 残業をしない
  • 有給を積極的にとる
  • 趣味を見つけて没頭する

このようにプライベートを重視することで、職場の人間関係によるストレスで疲弊しにくくなるでしょう。ただし出世が遅れたり、重要な仕事が振られにくくなったりするなどのリスクもあるので注意が必要です。

小さな目標を決めて実行する

毎日小さな目標を決めて達成できるよう意識することも、人間関係で疲れないためのテクニックのひとつです。

  • 出社したら元気に挨拶する
  • 退社する前に机の掃除をする
  • 定時前までにあらかじめ決めたタスクを消化しておく など

このように達成しやすい小さな目標を決めて取り組むことで、達成感を味わいやすくなります。目標達成するために集中することで、人間関係のことが気になりにくくなりストレス軽減にもつながるのです。

適度に愚痴を言う

他人と愚痴を言い合ってストレスを発散するのも、人間関係からの疲れを取る方法のひとつとして挙げられます。周りの人と悩みを共有することで、ストレス発散につながるだけでなく「同じ悩みを持った人がいる」という仲間意識も芽生えやすいです。

ただし、愚痴を言いすぎると人間関係が悪くなったり、周囲の人から避けられやすくなったりする恐れがあります。愚痴の言い過ぎには注意しましょう。

ストレスの原因からできるだけ離れる

可能であれば、ストレスの原因から離れることも大切です。ストレスを感じる原因そのものが減れば、疲れを感じることも少なくなるでしょう。

ただし上司や同じ部署の同僚、取引先など嫌な相手から逃げられない場合もあります。このような場合は、後述する「職場の人間関係に疲れた場合の対処法」を参考にしてください。

付き合うこと・付き合わないことを明確にする

「仕事では今までどおり対応するけれど飲み会には参加しない」「必要なコミュニケーションはとるけれどプライベートの会話はしない」など、割り切った対応をすることも人間関係の疲れを避けるひとつの方法といえます。

ストレスを感じる原因になる人と必要以上に付き合わなければ、人間関係で疲れにくくなるでしょう。ただし付き合いが悪くなってしまい、人間関係がギクシャクするリスクもあるため、実践するかどうかはよく考える必要があります。

関連書籍を読んでみる

 人間関係に関する書籍を読んでみるのもおすすめです。人間関係への悩みについて書かれた書籍を読むことで、自分がどのように行動した方がいいのか、考えるきっかけを得られる場合があります。

人間関係の悩みに対処する方法について書かれた、主な書籍を3つご紹介します。

下園 壮太『自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術』

自衛隊にて多くの心理カウンセリングを行ってきた著者が「仕事で無理を重ねて心を病んでしまわないようにする考え方」を紹介しています。心のエネルギーをうまくコントロールする考え方が紹介されており、職場の人間関係に疲れた人に読んでほしい一冊です。

鴨頭 嘉人『もう人間関係で悩まない!コミュニケーション大全』

マクドナルドの最優秀店長として表彰された実績があり、現在は独立して企業経営を行っている著者が「人間関係について悩む人向けのコミュニケーションの考え方」を解説しています。ノウハウはもちろん相手への向き合い方、自分の心の持ち方についても記載されており、自分をより良い方向に変えていきたいと考えている人におすすめの一冊です。

井上 智介『1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』

精神科医として活躍している著者が「働くのが辛くなったときに実践できる対処法」を解説しています。 産業医としても活躍している著者がノウハウを紹介しており、自分の心をうまく守る・傷つきにくくする考え方がわかります。

現在職場の人間関係で悩まされている人に、読んでほしい一冊です。

どうしても職場の人間関係に疲れた場合の対処法


どうしても職場の人間関係に疲れてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。主な対処法を紹介します。

  • 会社と相談する
  • 病院を受診する
  • 休職できないか相談する
  • 退職・転職を検討する

疲れ切っているときにくだした判断は、良くない結果を招いてしまう恐れがあります。まずは落ち着いて、会社と相談することをおすすめします。

会社と相談する

上司や人事・総務の人など信頼できる人に、職場で抱えている悩みについて相談してみるのがおすすめです。悩みを打ち明けることで、配置転換を行ったり本人に注意をしてくれたりする場合があります。

ただし会社側が対応してくれるか、十分な対応を実施してくれるかどうかは未知数です。どうしても問題が解決しない場合は、休職の相談や転職を検討する必要があるかもしれません。

病院を受診する

もし、心身に不調が発生するほど人間関係に疲れているのであれば、精神科(メンタルクリニック)を受診してみるのもひとつの方法です。心の病にかかってしまうと、下記の症状が発生し、心身の健康を害する可能性もあります。

  • 疲れているのに布団に入っても寝られない
  • 夜中に目が覚めてしまう
  • 下痢や便秘が続く
  • 常に吐き気や立ちくらみに悩まされる

このような症状が発生した場合、精神科を受診すればカウンセリングを実施してくれたり症状に応じた薬を処方して貰えたりします。ただし、精神科は予約が取りにくいケースがあるため、受診したい場合は早めに予約を取りましょう。

休職できないか相談する

どうしても人間関係による疲れやストレスがひどい場合は、会社に休職を相談するのもひとつの方法としてあります。ただし、休職を認めて貰えるかどうかは会社によるものです。

まずは現状を会社に伝えて、休職できないか相談するところから考えてみましょう。

退職・転職を検討する

どうしても状況が良くならない場合は退職して療養に専念したり、転職して環境を変えたりすることも選択肢に入ります。心の健康を崩すと何年も療養に時間がかかることがあります。

「人間関係が不満だから」といった安易な退職は避けるべきですが、どうしても限界だという場合は退職を考えるのもありです。 余裕があれば、転職活動を始めるのもおすすめです。

体調が悪化してからだと、転職活動を満足に行えない状態になってしまう場合もあります。 現職では状況が好転しそうにない、とわかり次第、早めに転職活動に取り組むことをおすすめします。

人間関係に疲れて職場を変えたいと思ったらミイダス


会社に相談して自分でもできる対策は実施してみたものの、どうしても状況が良くならない。このような場合は、状況が悪化する前に、転職活動を始めてみるのがおすすめです。

身体に異常が発生する前に開始することで余裕を持てるため、転職活動を進めやすくなります。 とはいえ、職場の人間関係に疲れている状態で、良さそうな求人を探すのは大変なものです。

そこでおすすめなのが、転職アプリ「ミイダス」です。 ミイダスはいわゆる「スカウト型の転職サイト」となります。プロフィールや職務経歴書などをしっかり記入して登録し、各種診断コンテンツを受検することで、自分の適性にマッチする求人からスカウトを受けやすくなります

ミイダスに登録すると受けられるサービス

  • コンピテンシー診断:自分に向いている仕事、強みを発揮できる仕事を見つけやすくなる診断コンテンツ
  • バイアス診断ゲーム:自分の思考の偏り(認知バイアス)を測定できる診断コンテンツ
  • ミイダスラップ:コンピテンシー診断の結果をAIがラップで歌い、強みを言語化しやすくするサービス

上記の診断コンテンツを受検してプロフィールをしっかり記入しておけば、企業からのスカウトメールが届きやすくなります。 人間関係に疲れてつらい思いをしているときに、自分でこまめに求人を探して企業分析を行い、応募するかどうか判断するのは大変です。

ミイダスのスカウト機能を活用して、ぜひ転職活動を効率的に進めてみてください。 ミイダスは下記から無料で登録できます。

関連記事:転職できる?適職診断ならミイダスの「コンピテンシー診断」
関連記事:ミイダスラップとは?AIが自己紹介を歌ってくれる診断サービス

\自分にフィットする会社と出会える!/
【無料】ミイダスでスカウトを受け取る



職場の人間関係に疲れたら落ち着いて行動しよう


本記事では職場の人間関係に疲れた場合に取るべき行動や、個人で実施できる対処法についてご紹介しました。人間関係をきっかけとした離職・転職は決して珍しいものではありません。

ただし、人間関係の悩みはどの職場にもある程度は存在するものです。まずは本記事で紹介したような、自分で実践できる取り組みから始めてみてはいかがでしょうか。

どうしても問題が解決しそうになければ、転職を考えてみましょう。まずは職務経歴書を書いたり、転職サイトのプロフィールを埋めたりすることから始めてみてください。 いきなり求人を探して応募するのも大変なので、ミイダスのような「企業からのスカウトを受け取りやすいサービス」をうまく活用して、応募先企業を探してみましょう。

\自分の市場価値を診断できる!/
【無料】ミイダスに登録する