ミイダスマガジン

CATEGORY

FOLLOW ME!

ミイダスバナー

目次
  1. 転職したい30代が知っておきたい6つのこと
  2. 転職が決まらない30代の特徴5つ
  3. 【対策】転職が決まらない30代が取り組むべき5つのこと
  4. 転職したいけどスキルがない30代がやるべきこと3つ
  5. 転職が決まらない30代におすすめの転職サービス
  6. 30代の転職ならミイダスがおすすめ!
30代に突入すると、結婚や子育て、住宅購入などの人生の重要なイベントが増えはじめます。それと同時に多くの人が職業のポジションや仕事内容から将来プランを考えて、転職を検討する人も多いでしょう。

しかし、転職活動を本格的に開始しても、うまく進まなかったり、転職疲れを感じたりすることがあるようです。30代の転職をスムーズに進めるためのヒントをご紹介します。

「転職を考えているけれど、仕事選びで失敗したくない」
「自分の強みや向いている仕事を知りたい」

そんな方は、ミイダスの「コンピテンシー診断」を受けて自分に合った仕事を見つけましょう。

関連記事:転職できる?適職診断ならミイダスの「コンピテンシー診断」

\自分に向いている仕事がわかる!/
ミイダスでコンピテンシー診断する

※登録後に無料で診断できます。


転職したい30代が知っておきたい6つのこと


30代での転職は自己分析が大切です。自分のスキル、経験、仕事適正、キャリアゴールをしっかりと整理し、どのような仕事や環境が自分に合うのかを把握することが成功のコツとなります。

1.年齢が上がるにつれて転職しづらくなる

昨今の転職データを見ると、20代から30代、そして30代から40代へと進むにつれて転職率が低下する傾向が見受けられます。 dodaによる「年代別の平均応募社数」の調査結果によると、30代は平均応募社数20.8社と40代以上の17.2社に比べると、わずかに上回っています。

このような統計からも「30代でなかなか転職が決まらない」という状況は珍しいことではありません。

2.転職者の4割が年収アップ

30代での転職は20代と比べると、やや難易度が高まる傾向にあります。しかし、厚生労働省が実施した「令和2年転職者実態調査」によると、30歳から34歳の人々のうち、48.6%が転職後に年収が向上したことがわかりました。

また、35歳から39歳の層でも40.6%が転職を通じて年収が増加したとされています。30代は管理職やリーダーシップを要するポジションの求人も多いため、高いポジションに移行すれば年収アップが見込める可能性があるのです。

3.未経験の職種への転職は難しい

30代になると、未経験の業種や業界への転職はやや難しくなる傾向にあります。一般的な求人サイトの「未経験歓迎」の項目には「20代・第二新卒向け」といった年齢制限があるケースが多いです。

未経験の業界への転職を成功させるためには、前職での経験をアピールし、粘り強い自己PRをすることが大切です。

4.スキルや専門性が求められやすい

30代の転職は20代の転職と異なり、幅広い社会人経験や専門的なスキルが要求されることがあります。20代の転職では将来性や成長の可能性が重視されますが、30代ではそれまでの職務経験が重視されるのです。

30代は20代に比べて、転職時に求められる条件がいくらか高くなることを認識しておくとよいでしょう。

5.即戦力が求められる

30代の転職活動では一般的に、即戦力としてのポジションを求められることが多いです。新しい職場で求められるスキルや知識について前もって調査し、それに合わせた自己PRを考える必要があります。

過去の実績や成果、専門的な知識に関する具体的な事例を挙げて、自分が企業に即戦力として貢献できることをアピールすることが大切です。

6.マネジメント経験を求められる

30代の転職活動において、マネジメント経験を求められることがあります。企業はマネジメント経験を持つ候補者を採用することで、組織内での指導力やチームワークの向上、業績向上などを期待しているからです。

面接時にはこれまでの職務経験における具体的なプロジェクトやチームの管理方法、達成した成果など、自身のマネジメント経験を効果的にアピールするようにしましょう。

転職が決まらない30代の特徴5つ


転職が30代でスムーズに進まない場合、主に以下の5つが要因となっている可能性が高いです。これらをしっかりと認識したうえで、転職活動を進めていきましょう。

1.入りたい会社と自分のスキルが合っていない

転職活動がスムーズに進まない人の特徴として、志望する企業や業界が求めるスキルと、自身のスキルが合っていない可能性があります。

求められるスキルと一致しない場合、効果的なアピールが難しく書類選考や面接で不利になる可能性があります。自分のスキルや経験を客観的に評価し、求められるスキルとの差を埋めるための手段を考えましょう。

2.キャリアプランが不明確

転職後のキャリアプランを確立していないことも、転職が難しい理由のひとつといえます。キャリアの方向性が確定していない場合、採用担当者には「自社以外の選択肢もあるのでは」「一時的な転職を考えているのかもしれない」という印象を持ち、転職が不利になる恐れがあります。

転職を通じてどのようなキャリアを築いていきたいのかなど、転職の目的を明確にし、具体的なキャリアプランを立てることが大切です。

3.転職先に求める条件が多い

転職を検討する際、年収や勤務時間、業務内容など、自身の希望する条件が多いことがあります。希望条件が多すぎたり、転職の軸が決まっていない場合、選択肢が限られてしまい、適切な求人情報を見つけることが難しくなるといえます。

転職の軸とは、次の職場や転職先を選択する際に重視する条件のことです。条件のみで選ぶのではなく、自身の転職の軸に沿った転職活動を行うようにしましょう。

4.自己分析ができていない

自身の価値や能力を適切にアピールするなど自己分析ができていない場合、転職活動が難航することがあります。転職活動でもっとも重要なことは、自分の強みや経験を的確に伝えることです。

自己分析を行い、自分の強みやスキルを明確に把握し、企業に的確にアピールする方法を身につけることが、転職活動の成功の秘訣といえます。

5.焦りがおもてに出ている

転職活動中は「できるだけ早く内定をもらいたい」という焦りから、無計画に応募を行う人も多いといいます。しかし、選考準備もなしに、何度も応募を繰り返すことは不採用という結果を招きやすくなるだけです。

転職活動においては、自己分析や職務経歴書の作成、面接対策など入念な準備が必要です。多数の求人に応募するのではなく、自分の強みや目指す方向性を明確にし、求人に合ったアプローチを心がけましょう。

\自分の市場価値を診断できる!/
【無料】ミイダスに登録する

【対策】転職が決まらない30代が取り組むべき5つのこと


20代と30代では、企業が転職者に求める評価の基準が異なることがあります。転職活動が決まらないと悩んでいる方は、以下の5つのことを心がけるようにしましょう。

1.自身のスキルや経験に合う企業に応募する

30代の転職では、自身が持つスキルを最大限に活かせる可能性の高い企業に応募するのがおすすめです。30代で転職を考える人は過去の職務経験が豊富なため、企業は実務経験やスキル能力を審査して判断します。

過去のキャリアで培ったスキルは、新しい職場において業務の改善や高い成果を達成することが期待されるため、組織内での評価を築くチャンスや自己成長にもつながります。

2.転職先に求める条件を広げる

30代の転職活動において、転職先に求める条件を広げることでより適切な企業が見つかる場合があります。たとえば、テレビ業界での仕事に興味がある場合、テレビ局のみ応募すると競争が激しく不採用になることがあります。

この場合、テレビ局以外にも番組制作や制作会社なども視野に入れるようにしましょう。また、大手広告代理店希望の場合、中小やベンチャーの広告代理店などにも応募するのがおすすめです。

3.希望する企業が求める

自己PRを考える 30代は自身のスキルや経験が合致する企業に応募するだけでは、転職が難航することがあります。求める企業がどのような価値観やニーズを持っているかを理解し、それに合った自己PRを考えることが重要です。

たとえば、志望する会社のウェブサイトやSNS、採用ブログ、IRページを調べておき、その企業のニーズやビジョンに適したアプローチを考えてみましょう。

4.面接で焦りを見せない

転職活動では面接に焦りを見せないことも必要です。焦らずに冷静な状態で臨むためには、入念な準備を行いましょう。企業やポジションに関する情報は前もって収集し、面接官からの質問を想定して、リハーサルをしておきましょう。

また、面接の前日は休息をしっかりとり、リラックスした状態で臨むのが成功の鍵です。面接前には自分を肯定し、自信を持つことで自身の強みや経験をしっかりとアピールすることができます。

5.転職理由や志望動機を見直す

転職活動がうまく行かないときは、転職理由や志望動機を見直してみるのもひとつの方法です。見直す際に「働き続けられる理由」を考えることで、自身の転職の動機をより明確化できます。

転職先での仕事が自身のキャリアの成長やスキルアップにつながるか、会社と自分の価値観やモチベーションを比較し、仕事に対する目的感を得られるかを見直しましょう。

採用率が上がる履歴書や職務経歴書の書き方

採用率が上がる履歴書・職務経歴書を書くためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

  1. 客観的な自己分析を行う
  2. 企業分析を通じて求められる人材像を把握する
  3. 自己分析と企業の要件を結びつけて共通点を見つける
 
未経験の業界や企業の応募に対しては、各社のニーズに合わせた応募書類を用意する必要があります。面接も同様で、応募先に合わせてアピールポイントを確認するようにしましょう。

転職したいけどスキルがない30代がやるべきこと3つ


30代が転職を検討するうえで特に多い悩みは、スキル不足ということです。スキルや資格が十分でなくても転職することは可能なのでしょうか。

スキルが不足している30代の転職者がやるべき3つのことについて解説します。

1.自己分析でPRポイントを見つける

転職を考える際にスキル不足を感じたとしても、自己分析を通じてPRポイントを見つけることは可能です。過去の経験から得たスキルや能力を見つめ直し、自分の強みとなる部分を洗い出しましょう。

未経験の業界に転職を希望する場合は、自分の強みと求められるスキルの共通点を見つけるのもおすすめです。

2.未経験が採用されやすい職種に応募する

スキルが不足している30代が転職を成功させるコツは、未経験でも採用されやすい職種を見つけることです。たとえば、営業職やブライダル業界では特別なスキルや資格が不要なため、未経験者の採用率が高くなります。

また、人手不足が続く職種もスキルがなくても採用されやすいです。介護職やIT業界など、1から学べて自身もスキルアップできる職種を検討してみてはいかがでしょうか。

3.社員になることにこだわらない

スキルがない30代が転職を検討する際は正社員にこだわらず、契約社員で働くことを視野に入れてみるのもひとつの方法です。契約社員であれば、スキルが不足している未経験者でも採用されやすい傾向があります。

契約社員として採用され、その後スキルを磨きながら実績を積むことで正社員登用の可能性も広がります。

転職が決まらない30代におすすめの転職サービス

ミイダス」は履歴書やスキルだけでなく、個人の潜在能力や適性、キャリア志向に注目し、企業と求職者をマッチングするサービスです。求人を探す手間が省けて、登録時のデータを元に自分自身が現在の市場でどれくらいの価値があるのかを算出します。

市場価値に応じて面接確約オファーが届く仕組みなので、自分に興味がある企業の存在を常にチェックでき、転職活動をスムーズに進めることも可能です。

\自分の市場価値を診断できる!/
【無料】ミイダスに登録する

ミイダスの「コンピテンシー診断」とは?

ミイダスの「コンピテンシー診断」は、20個以上の質問に答えるだけで、自身の適性が高い職種、マネジメント資質、相性のいい上司・部下など、ビジネスパーソンとしてのコンピテンシー(行動特性)を分析します。

「あなたの推定年収」が表示され、「あなたに興味がある企業数」からのオファーを受け取ることが可能。個人の強みや向いている分野など、自身の適性をより正確に把握することができるため、人材採用や人事評価、組織開発など幅広い分野で活用されます。

【無料】ミイダスでコンピテンシー診断を受験する

30代の転職ならミイダスがおすすめ!


30代の転職は20代の転職と比べると、スムーズに進まないことがあります。しかし、入念な準備や自身の強みをしっかりと把握することで、今よりもよい転職先が見つけることは可能です。

ミイダスは「コンピテンシー診断」を通じ、経歴やスキルだけでなく個人の適性や潜在能力にも焦点を当て、企業とのマッチング率を高めます。ミイダスのサービスを活用し、自分に最適な職場やポジションを見つけて30代の転職活動を成功させましょう。

\自分の市場価値を診断できる!/
【無料】ミイダスに登録する