ミイダスマガジン

CATEGORY

FOLLOW ME!

目次
  1. まずはこれまでのことを聞いてみました
  2. 転職サービス「ミイダス」について
  3. ミイダスを選んだ理由
  4. ミイダスという会社のこと
  5. クワマンが転職してみて思うこと

転職活動の「めんどくさい」をなくしたい
転職後の「こんなはずじゃなかった」をなくしたい


そんな熱い想いで立ち上げた転職サービス「ミイダス」。その中で、約100名の社員が在籍しているセールス部門。
「ミイダス」ユーザーからミイダスの社員になった、クワマン(20代男性)は、今年の初めにインサイドセールスとして入社し、4ヶ月後にはリーダー、8ヶ月後にはマネージャーに昇進。活躍を続けるクワマンに、転職活動のこと、ミイダスという会社のことを聞いてみました。



まずはこれまでのことを聞いてみました

転職前はどんな仕事をしていたんですか?
新卒で入社した証券会社で約3年働いた後、転職して外資系保険会社で3年ほど働きました。ミイダスは3社目です。
学生の頃から2社目の保険会社に入社したいと思っていたのですが、その企業は新卒採用はなく、各企業の成績優秀者をヘッドハンティングで集めるというスタイルの採用を行っていたので、新卒の時は別の会社を選ぶしかありませんでした。
という事は、クワマンも外資系保険会社からヘッドハンティングされたということですよね?
はい。大企業でしたが、営業成績は入社後も常に全国トップ1割には入っていました。仕事は本当に楽しかったです。全国から集まってきた営業の猛者たちと競い合うのは刺激的でしたし、その中で自分も表彰を受けるぐらい結果を出していたので。
憧れていた会社で表彰されるくらい活躍していたのに、なぜ転職を考えたんですか?
・家庭の事情
・世の中の人たちの働く環境を変えたいと思った
という、2つの理由がありました。

一番大きかったのは、一緒に住んでいる祖父母の介護が必要になり、家族だけに介護を任せておけないという状況です。当時、休日は2年間でたったの10日。もう少し余裕を持って働ける会社を探そうと思いました。
休みが2年間で10日!?それはひどい。
「世の中の人たちの働く環境を変えたい」と思ったのはなぜですか?
保険の仕事を通じて多くの人と出会い、ライフプランなどの話を聞いていたのですが、自分の仕事にやりがいを持っている人が本当に少なかったんです。長い人生のうち、ほとんど仕事をしている時間であるにもかかわらず、です。 「これでは誰も幸せにならない。こんな世の中を変えたい!」と思いました。

転職サービス「ミイダス」について

転職活動はどのように進めていましたか?
・ワークライフバランスを大切にできる職場
・人々の働き方に影響を与えられる仕事

という軸を重視して会社を選んでいました。最初は有名な転職サイトや人材紹介サービスを中心に登録し、転職エージェントの担当者とは40人ぐらい会った気がします。
転職サービスとしての「ミイダス」を知ったきっかけは?
当時、「ミイダス」のことは全く知りませんでしたが、いろんな転職サービスに登録するタイミングでたまたま見つけました。「とりあえずインストールしておくか」という感じでしたね。
「ミイダス」を使ってみてどうでしたか?
コンピテンシー診断が面白かったです。「当たっている。その通りだな」と思いました。
コンピテンシー診断、見せてください!
パーソナリティの特徴
「ヴァイタリティ」「チームワーク」の数値が高い

ストレス要因
「突発への対処」の数値が高い

ストレス要因に関しては確かに、昔から突発的なことが同時に発生すると対処しきれない傾向がありました。前もって計画を立てたり準備が不十分である事にストレスを感じやすいという事ですね。

ミイダスを選んだ理由

「「ミイダス」に登録したら、ミイダス株式会社からオファーが来た。最初はどう思いましたか?
オファーが来ていることはわかっていましたが、他に受けている企業があったので2ヶ月ぐらい放置していました(笑)。
でもその後、選考を進めていた企業が「どうもしっくりこない」「働いているイメージが湧かない」と思い始めて。それでミイダスのオファーに返信をしました。
ミイダスの選考を受け、会社に対してどのような印象を持ちましたか?
第一印象としては「これから、という若い会社」で、勢いを感じました。一次面接の際に「残業はほとんどない」と聞いたので、ワークライフバランスも改善するだろうと思いました。
大企業からの転職ですから、考えるところもあったと思います。ミイダスに入社しようと思った決め手は何だったのでしょうか?
2次面接で役員から「組織を強くできる人材を探している」と言われたことですね。
私自身もこれまでの経験や知識を活かしてマネジメントに挑戦したいと考えていたので、「ミイダスで頑張ってみよう」と思いました。
さらに「ミイダス」は新しいタイプの採用・転職サービスなので、自分の転職理由のひとつである「世の中の人たちの働く環境を変えたい」という事にも貢献できると思いました。

ミイダスという会社のこと

入社から半年以上。現在はマネージャーに昇進されましたが、ミイダスはどんな会社だと思いますか?
フラットで風通しが抜群に良い環境です。また、自分の意見や提案で会社が変わっていく醍醐味を味わえます。
今でも毎月新人が入ってくるのですが「会社を良くしたい」「ミイダスを引っ張っていきたい」という前向きでやる気溢れる社員が多いんですよ。
ワークライフバランスはどうですか?
ミイダスに入社して、ワークライフバランスは劇的に改善しました。祖父母の介護もしっかりできています。週末には家族で出かけたり、子どもと遊んだりもできるようになりました。保険会社で働いていた頃は、子どもと過ごした記憶も全くなかったので、本当に良かったと思っています。

クワマンが転職してみて思うこと

自分が思い描くキャリアのゴールから逆算して、「現時点で何を経験すべきなのか」、「どんなスキルを身に付けるべきなのか」を考え、それを叶えられる会社を選ぶことが大切だと思います。
選考に関しては縁もあるので、当落に関してクヨクヨする必要はないと思います。受かっても受からなくても、自分自身の価値は変わりませんから。



クワマンがミイダスに転職して手に入れたもの

・家族や子どもと一緒に過ごせる時間

・キャリアアップ(入社8カ月でマネージャーへ昇進)

・人々の働き方を変えるための挑戦ができるフィールド


これまでに在籍した全ての企業で、高いパフォーマンスを発揮してきたクワマン。 新卒で入社した証券会社や前職の保険会社はミイダスの何倍もの規模を誇る大企業でした。

でも「給料は少し下がったけど、ミイダスに転職してから良いことしかない」と笑顔で語っていたクワマン。そんなクワマンの話を聞いていて、「社名や年収だけに左右されることなく自分にフィットする会社を探すことの大切さ」に改めて気付かされました。