ミイダスマガジン

CATEGORY

FOLLOW ME!

目次
  1. まずは技術的なところを聞いてみました
  2. 最初は半信半疑だった「ミイダス」というサービス
  3. 登録した転職サービスの企業からオファーが来るとは(笑)
  4. 「ミイダス」という転職サービスのこと
  5. ミイダスという会社のこと
  6. まさーが転職してみて思うこと

転職活動の「めんどくさい」をなくしたい
転職後の「こんなはずじゃなかった」をなくしたい


そんな熱い想いで立ち上げた転職サービス「ミイダス」。
弊社ミイダス株式会社には、日々開発に励むエンジニア達がいます。

そこで今回は「ミイダス」ユーザーからミイダスの社員になった、バックエンドエンジニアのまさー(20代男性)に「ミイダス」という転職サービスやミイダスという会社のこと、それから転職についても聞いてみました。



まずは技術的なところを聞いてみました

 

転職前はどんな仕事をしていたんですか?
前職はインターネットセキュリティ関連ソフトウェアを扱う一部上場企業でした。 僕はメールのフィルタリング製品に携わっていて、添付ファイルの中に悪意のある実行ファイルなどを探知するような製品を開発していました。
最後の1年はチャット製品開発にも関わっていました。コロナ禍を予測していたわけではないのですが、「今後、テレワークの普及が進むだろう」と。それでテレワークを想定し、セキュリティ面の課題にも対応した製品を開発していました。
前職では、どのような言語を使っていたんですか?
前職ではC++、JavaScript、Pythonなどの経験があります。


最初は半信半疑だった「ミイダス」というサービス

「転職活動したい」と思った理由は何かあったのでしょうか?
それが、転職を強く希望していた訳ではなくて、ご縁というか。たまたま、ミイダスの広告を見かけて「自分の市場価値?どれどれ...」と、市場価値診断をやってみたんです。
その時点ではミイダスという会社のことは知らなかったのですが「最初の診断画面がなかなかモダンだなぁ」とか、エンジニアとして惹かれる部分がありました。
そして市場価値診断の結果、850万円となり「え!?俺の市場価値、そんなに高くないだろ?」怪しいと思ったのですが(笑)ちょっと使ってみるか、と。
市場価値診断では職種など関係なく金額が算出されますからね(汗)
それでは、ミイダスで市場価値診断をしたことが転職活動のきっかけになったというわけですね!?
はい、そうです(笑)。ミイダスで市場価値診断をしてすぐに、2件オファーが来ました。1社は外資系大手企業からで、もう1社がミイダスだったんです。 「あれ?意外とまともなオファーが来るのか!?」って(笑)。

登録した転職サービスの企業からオファーが来るとは(笑)

有名な外資系大手企業と、そしてミイダスからもオファーが送られてきたのですね。それは悩ましいですね...(笑)
そうなんですよ(笑)自分が登録した転職サービスの企業からオファーが来るなんて驚きましたし、「採用されたら、自分のエピソードとしても面白いな」と思いました。転職サイトに登録したら、転職サイトに採用された、みたいな(笑)。
もう1社の外資系大手企業にもメッセージを送り、面接に進みました。でも、その企業は自社製品の開発ではなく、受託開発だったんです。給料は高かったのですが、自分がやりたいことではありませんでした。「自社製品の開発に携わりたい」と思っていましたから。
それで、ミイダスの採用選考に進んだのですね。
はい。ミイダスからのオファー年収が、前職より50万円アップということもあり、話を聞いてみることにしました。コロナの影響が出ていた3月上旬だったということもあり、ミイダスの選考は全てオンラインだけで完結しました。
ミイダスの選考はどんな流れだったのでしょうか。
まず、面接前にコーディングテストがありました。問題が3問くらいあって、制限時間内に終わらせるのは難しい内容でした。 その後1次面接があって、その後の2次面接は少しカジュアルな雰囲気で一緒に働くメンバーの方々と顔合わせ的な感じでした。 全て転職活動はオンラインだったので楽でした。オンラインの良さは、もし落ちてもダメージが少ない事ですね。「暇つぶしだった」と思えば、辛くないので(笑)


「ミイダス」という転職サービスのこと

ミイダスを使って転職活動をしてみて、どうでしたか?
オファーが来ないことには始まらないですが、詳細に自分の希望を設定できたり、企業をフォローできたり。ユーザーが主体的に転職活動を進められるサービスと言えるんじゃないでしょうか。転職エージェントとの面談や報告など、時間に縛られないのも良いですよね。
ミイダスは、オファー内容についての文字情報量が多く、詳細だという特徴があります。
そうですね。他の転職サービスのように、会社の画像から雰囲気を感じるというのではなく、豊富な文字情報から「自分の希望条件にあてはめていく」ようなサービスですよね。企業も転職希望者も指定した条件でお互いを選ぶ。画像がない分、雰囲気やイメージなどのバイアスはかからないですよね。


ミイダスという会社のこと

ミイダスに入社しようと思ったのはなぜですか?
ミイダスには、新しい技術とスピード感、クオリティの高い開発環境があったからです。キャリアアップのための転職ですね。あと、とても働きやすそうだと思ったので入社を決めました。
そういえば、新卒で入社した企業に決めた理由は「一番最初に内定をくれたから」だったんですけど。ミイダスも内定までがスピーディで好印象でした。
ミイダスでの業務内容を教えてください
現在はバックエンドのSRE(Site Reliability Engineering)チームに配属して、不具合を改修したり、リファクタリング等で開発環境の保守性・利便性を高める作業をしています。セールス等から要望があった場合は、新機能の追加を担当することもあります。 また、開発の他に、PMO(プロジェクトの統括的な管理やサポート業務)、リリースの担当をしています。
ミイダスで今後やってみたいことはありますか?
現在は不具合改修や機能改善を行っていますが、今後はインパクトのある機能を開発してみたいです。またPMOやリリースなども、ミイダス全体の環境をより良くしていくために努めていきたいです。 ミイダスは在籍しているエンジニアのスキルが高く、挑戦させてくれる環境なので、やりがいがあります。「自分も頑張らなくては」と思っています。


まさーが転職してみて思うこと

ある大手転職エージェントの方に「転職すれば良いというものではない。転職して後悔する人もいる。慎重に見極めることが大切です。」と言われたのが、とても印象に残っています。

自分の「理想の働き方」をちゃんと持っていると良いと思います。まずは仕事をするうえで何を重要視するのかを整理する。そして面接で確認し、納得できたら転職すると良いのかなと思います。

「ミイダス」でも、例えばオファー年収の部分だけに注目して「わぁ、年収200万もアップする!」って転職して、実際働いてみたら「ちょっと違った...」なんていうことが起こり得るのではないでしょうか。年収以外にも、業務内容や環境などを確認し、納得したうえで転職すると良いのかな、と思います。

エンジニア まさー「理想の働き方」

1.スキルアップできる環境

2.年収

3.雰囲気(ストレスなく働ける)


...なるほど。 皆さんも一度、自分の「理想の働き方」を書き出してみてはいかがでしょうか?


ミイダスに登録してオファーを受け取る